SHARE

2017/05/08 | ビジネス | 282view

CMSとは ~御社のWebサイト、更新されていますか?~

消費者が何でも検索して情報収集できる中、サイトに記載された情報の価値が重視されています。そのため、古い情報は価値がないものとみなされ見られなくなってしまいます。

定期的に更新し続けるためには、初心者でも簡単に入力作業ができることが必要です。

そこで、更新作業を簡単にする方法として、サイトへの「CMSの導入」があります。

—————————————————————
CMSとは?
—————————————————————
「Content Management System」の略であり、コンテンツ管理システムの意味を持ちます。
Webサイトの更新の際に、その都度外部の制作会社に依頼しなくても、自分たちで規定の入力フォームから情報を入力するだけで更新することができるものです。

CMSと一口に言っても、ツールによって種類が様々あります。
そのため、使用目的、使いやすさに重点を置いて選定することが重要となります。


—————————————————————
代表的なCMSの特徴
—————————————————————
ここでは、数多くあるCMSの中から、特にシェアの広いものを中心に、いくつか特徴を挙げて
それぞれどんな分野に特化しているのか、という点で比較していきたいと思います。
(無料で導入できるものから厳選しています)


・シェア数No.1!テーマを選んで簡単おしゃれ。CMSの金字塔「WordPress」

→ 導入率No.1のCMS。もとはブログ作成用ツールとして提供されたものであるが、世界中のユーザーによってプラグイン(拡張機能)やテーマ(ページ外観のセット)が提供されており、それらを用いることで様々なサイトの作成が実現可能。
<URL>
https://ja.wordpress.org/


・完全国産、今風の通販サイトがすぐに作れる「EC-CUBE」

→ 株式会社ロックオンが提供する、通販サイト向けCMS。ショップ、商品の管理等、管理画面にてお手軽に管理することができる。プラグインが無料/有料にて展開されており、それらを取り入れることで機能の拡張を行うことができる。ドキュメント等がすべて日本語なのも利点。
<URL>
http://www.ec-cube.net/


・流行りのおしゃれページをマウスで簡単作成。「WIX」

→ 流行りである縦読み型ページを、マウスを使って自由に作成することができるCMS。
目的ごとに用意された最適なレイアウトに文章や画像をはめ込むことで、流行りのおしゃれなページを作成することができる。
直観的、簡単操作を突き詰めた、完全初心者向け設計。
<URL>
http://ja.wix.com/website/templates


Web上でテキストや画像を入力するだけで更新できるCMSの中でも、更新にかかる手順や表現可能なクオリティなどはツールによって違いがあります。
自社で作るWebサイトがどれくらいのクオリティを必要とするのか、またWebの知識の有無や今後の更新頻度など、条件・状況によって適した方法を選び、無理なくWebサイトを更新していくことが大切です。