SHARE

2017/03/09 | デザイン | 176view

デザイン事務所がトークイベントを主催する理由

2015年から弊社のオフィススペースの一部を使って
tsunagaruTALKBAR(つながるトークバー)という少人数制のトークイベントを開催しています。
_
tunagaruTALKBAR(つながるトークバー)とは、
さまざまな職業の方をゲストに迎えて、職業のことや仕事での関わりのことなどを“酒の肴”にお酒を飲みながら
相互に話すことで、堅苦しくない個々のつながりや関係を作るトークイベントです。

運営、告知・宣伝、当日進行などデザインとは関係ないようなこともしないといけないですから
「よくそんな時間ありますね。」とたまに言われます。

実は、デザインとは関係ないようですごく関係しています。

ゲストと打ち合わせをしてゲストをどう宣伝して人に来てもらうかを考えたり、
どんな告知をすれば人に見てもらえるか。興味を持ってもらえるか。
当日進行についてもいくつかの仕掛けを入れることで飽きさせない時間をどう作るか。
などなど細かいことも含めてデザインの仕事にすごく関係している部分があり、続けていくことができています。

tunagaruTALKBAR(つながるトークバー)という名前のとおり、毎回さまざまなつながり(お仕事で協業したり)が
生まれているのも続けていけている大きな理由です。

次回は、3月31日(金)に
木工インストラクターの辻 好弘さんをお迎えして開催しますのでご興味があれば是非ご参加ください。

http://current-design.jp/2017/03/08/tsunagarutalkbar8/