SHARE

2016/06/30 | スマートフォン | 938view

Facebookコンテンツの新たな可能性 Facebook Canvasを使ってブランドの世界観を伝える

Facebookでキャンバス広告の出稿が国内でも利用できるようになりました。

広告内で動画を見せたり、カタログを見せたり、動きのある広告にしたりと、
従来のFacebook広告からかなりパワーアップしているようです。

Facebook Canvasとは

スマートフォンやタブレットでキャンバスを含む投稿をタップした利用者は、
外部アプリに移動することなく、タップ、パン、スワイプでキャンバスを操作でき
フルスクリーンでコンテンツを体験する事ができます。
キャンバス広告では、インタラクティブな仕掛けを持たせたり、広告内の情報量を増やすことができるため、
Facebook内で情報回遊を完結させることができ、独自の世界観に引き込むモバイルの映像体験を通して、
Facebookでストーリーや製品の魅力を伝えることができます。
一般的な広告に比べ平均滞在時間が増えたり、高いCTRが見込めるといわれています。

作り方はとてもシンプル

コンテンツ作成は
投稿ページからキャンバスを選択し、作成ボタンを押せばすぐに作れます。
必要な画像・動画・テキスト・リンクURLを用意し、専用エディターで作成するのみの簡単操作です。
作成後はフェイスブックページへの投稿、広告としての配信が可能です。

今後の使われ方に注目です。