SHARE

2016.08.29 | boom

「食」を通して見つける新しい価値観「hue(ヒュー)」

8月:今月のブーム先取り
人の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)に訴えかけ、脳に刺激を与え、イマジネーションを生み出す「食」はクリエイティブの源。「食」に魅了され約10年前に「食」専門の撮影会社「hue(ヒュー)」を立ち上げ、フォトグラファーとキッチン設備のある撮影スタジオを揃えた大手氏へヒューの次なる動きについて話を聞いた。






いつの時代も「食」とは人々をクリエイティビティに導く


大手氏「時代の変化は早く、スマートデバイスの普及とメディアは多様化し、SNS やオウンドメディアの普及により企業と消費者の距離はぐっと縮まってきました。そこで 2012 年“脱・撮影スタジオ”を宣言し、表舞台に出ることのなかった撮影や食の現場も自ら発信しブランディングする必要性を感じました。食にまつわるヒト・モノ・コトが集まる場所へと、新しいコンセプトにスタジオを進化させました。週末にはキッチンを活用した食に関するワークショップやイベントを開催し、人々が集まり食を共感する場の仕掛けを作りました。ライブラリーやイベントなどリアルな場で生まれるコミュニケーション、食と人の繋がりから生まれるアイデアや可能性に、確実な手ごたえを感じています」

新たなる食空間は、所有から体験に消費の軸が変わりつつある時流を素早く察知した場所である。人々の欲求として変わる事のない「食欲」と、記録して共有するポジションに変化した「写真」。この2つが共存し人々を刺激する新たな空間は、様々なクリエイティブを生み出し世界へ発信する。マーケティング、ジャーナリズム、エンターテインメント、教養・教育などあらゆる分野で求められる空間となるだろう。


●大手 仁志(おおて ひとし) 
株式会社ヒュー/代表取締役
シズルディレクター・フォトグラファー 
1985年株式会社アーバンパブリシティ(現・株式会社アマナ)に入社。その後30年間にわたり「食」に関する広告写真の撮影、ビジュアル制作に携わる。食材や料理がもつ生命力を切り取り表現することが食のフォトグラファーの使命と考え、数多くの広告賞を受賞。おいしい写真を制作する「hue」http://hue-hue.com



 

ABOUT hue
❶キッチン付きの撮影スタジオがなんと9面
❷さまざまな彩りのテーブルウェアが約3000〜4000点
❸食を楽しみながら追求するカフェラボ
❹3000冊以上が集う“食”のライブラリー
❺スタジオ生まれの焼き菓子屋さん『HUE CAKE LABO』






BLUE BOTTLE COFFEE × hue

ブルーボトルコーヒーとヒューの合同で次世代クリエイターをサポートするフォトコンテストを開催!


ブルーボトルコーヒーは現在、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京の4都市圏で事業を展開。地域と共に成長していくことをモットーに、各地域に根ざした企業・サービス・人と協業することを通じて、共に成長していくことを大切に考えている。今回のフォトコンテストは、創業者のジェームス・フリーマン氏がその1人であったように、日本にもいるたくさんのクリエイター・アーティストをサポートしていきたいという思いから、「写真」を切り口にスタートした企画。審査は、ジェームス・フリーマン氏の他、ヒュープラスの空間リニューアルを手がけたスキーマ建築計画代表の長坂常氏、写真家の木村拓氏、ヒュー代表の大手氏によって行われる。