SHARE

2016.08.29 | creator

WEB本来の活用に導く

平野 謙(Ken Hirano)

株式会社ZENSING 代表取締役/WEBディレクター
武器はWEB畑一筋ではない経験。スクール事業やアクセサリーブランドの立ち上げなどWEBを活用したブランディング、集客を行ってきた背景を元に、「命のある」サイト、「感情移入した」サイト作りをモットーとしている。広告代理店を経て独立、大小あらゆる規模の案件を手掛ける。サイト制作、システム開発に留まらず、幅広い知識と人脈を活用し、事業構想から経営支援など、自らをクライアントの一員と考え総合的な提案を行っている。



WEB制作もAI(人工知能)で構築することが可能になってしまうなど、今までのスタイルが変化している。表面上は良いデザインに仕上げてくれるが、使い方の部分の課題は人でしか解決することが出来ないという。「たしかに機械は、様々なデータの中から一番最適なものを見つけ出し、かっこいいデザインにしてくれるかもしれません。でも、企業や人の想いを汲み取ったり、実際にそれを活用していく人がどうすれば使いやすくなるかということを考えることは出来ません。本来は、相手に問いたり仮説を立てたりと人同士の対話の中で見えてくる共感や閃きから生まれるものです。運用していく人自身の事を理解し、その人がもつ課題を解決していくことを心がけています」データと人の理解を深めることで、作って終わりではないWEB本来の活用に導いていく。

■株式会社ZENSING