SHARE

2016.10.31 | creator

感性と分析を駆使するロジカル思考力

江川 知影(Chikage Egawa)
WEBディレクター

広告制作会社、専門学校の広報などを経てフリーランスに転向、WEBデザイナーとして経験を積み、2015年に株式会社それいゆを設立。「ターゲットに伝わる広告クリエイティブ」をコンセプトに掲げ、WEBマーケティングの視点から、広告クリエイティブやWEBサイト、コンテンツの企画・設計・制作を行っている。



女性ならではの観察眼が強みの江川氏は、女性マーケティングにおいて大切なのは、未来を想像させるクリエイティブだと考える。

「女性の購買欲求に深く関わっているのは、その商品を使っている“幸せな自分”をどれだけ想像出来るかということです。サイトに訪れた人がどのタイミングで心を揺さぶられ期待感を高めていくのか、気持ちの変化を予測し興味から購買意思にいたるまでを確実に結びつけていく必要があります。女性の趣味嗜好、ライフスタイルが多様化している今、1つの商材でも1000通りの魅せ方が可能だということも認識しておかなければいけません。その時成果が出ても1週間後、1ヶ月後と続いていくとは限らないのです。そのため、今の女性マーケティングではターゲットに響く感性を磨くだけでなく、数値を見ながらテストを重ね、そのシチュエーションで何が求められているのかを分析するロジカルな思考も駆使出来なければ成果を上げられない時代になってきていると思います」

女性の想像力を刺激するためには、常に考え新しいクリエイティブを創り続ける必要がある。


■株式会社それいゆ