SHARE

2016.11.29 | creator

フィンテック技術集団としてのプロ意識

政平 秀樹(Hideki Masahira)

システムディレクター
エンジニアとして金融系システム開発に10年以上携わる。2013年に株式会社アイシスを設立。(本社:東京都恵比寿)生損保を中心に金融系システムの売上シェアは7割。他業種でも大手企業と直契約を結ぶことでエンドユーザとコミュニケーションを図り、満足度の高いシステムを開発している。



生命保険や損害保険などの金融関係のWEBシステム開発を多く手がけている政平氏。システムの信頼性というのは技術と共に人自身であるとも言う。

「フィンテックという言葉が最近新聞や雑誌でよく見かけられるようになりましたが、IT技術を使った金融サービスというのは以前からあったものです。フィンテックという言葉が今広がっているという事はよりシステムの信頼が高まったのだと言えます。特に金融サービスのシステムは品質を保つことが重要であり、システム障害が起こりうるというのは許されません。フィンテック技術集団としてプロフェッショナルでいる為に技術面だけでなく、契約照会や会計体系などの仕組み部分も含めた保険業務についての教育を徹底しています。事業の理解を深める事で、よりピンポイントに課題を追求し解決に導きます」

信頼される要素というのは技術でもあり人でもある。2つの柱がしっかり立っているからこそお客様の求めるものに確実に応えることが出来る。


■株式会社アイシス