SHARE

2016.03.25 | tieup

光や陰影の入れ方で立体感を演出




【CGを活用した8つの事例⑤】 DRAWING(ドローイング)

製品の分解図が必要という場合に活躍するのがリアルイラストだ。
クレアチオの場合、製品サンプルの現物を元に手描きのスケッチデッサンからスタート。それをPCに取り込み仕上げていく。

すべて2Dでの制作になるため、リアル感を表現する1番のポイントは着色だ。光の当て方、陰影表現が立体感を演出する。
現物を手にして描いていくからこそ表現可能な質感の細やかさも魅力の一つである。

北米・ヨーロッパ圏では、商品のデザイン性だけでなく機能や性能を重視する傾向があり、シューズの分解図は顧客に高性能であることを説明するための重要なツールになっている。


■株式会社クレアチオ 大阪営業所
http://www.nexgate.jp/company/creatio/