BTL TOKYO 2016年11月号

2016年11月号 VOL.17
「世界基準」でクリエイションする

常に新しい世界観をクリエイションし続ける演出家・宮本亜門。ジャンルを問わない舞台づくりは、「世界のものさし」を基準にした考え方を持っていた。そして2016年12月に上演される日本初上陸ミュージカル「プリシラ」もまた、宮本亜門ならではの視点で新しい世界を創りあげる。宮本亜門に宿るオリジナリティ溢れるクリエイションは、どのようなモノの見方から生まれるのか。そこにある「リフレーミング」という手法。視界に入る全てのモノやコトの固定概念を覆し新たに創造する、まさに舞台演出のグロースハックについて学ぶ。

BOOM