SHARE

#発明 | 2016.08.29 | 熊谷 昭彦(くまがい あきひろ)

船舶業界にイノベーションを「航空機エンジン技術」転用したCOGES


現在、船舶業界が直面する2つの大きな課題があります。それは環境保全(コスト要因)と経済性の向上(利益率アップ)という難しい課題への対応を迫られていることです。

温室効果ガスや大気汚染物質の排出に対する排出制限は著しい強化の一途で、規則に沿わない船舶は対象海域の航海が出来ないことを意味するため、多くの海運事業者はビジネスチャンスを失う危機と隣合わせ。海事業界は抜本的な技術イノベーションが問われているのです。船舶業界はディーゼルエンジンが主流でNOx(窒素酸化物)排出量が多いことから、排ガスを浄化するための設備や化学薬品への追加投資が避けられません。

そこでGEは、これまでの「航空機エンジン技術」「発電所設計」を転用した専用推進システムCOGES(コンバインド・ガスタービン・エンジン・スチーム)を新たに、環境負荷の高いオイル燃料からクリーンなガス燃料への転換、そして船舶設計やレイアウトの自由度を与えてくれる小型な推進システムとして提案しています。


熊谷 昭彦(くまがい あきひろ)

熊谷 昭彦(くまがい あきひろ)

GE ジャパン株式会社/代表取締役社長兼 CEO
1984 年 GE に入社。GE プラスチックスでセールスや事業統括など多 岐にわたる要職を歴任後、2001 年 1 月に日本ジーイープラスチックス 代表取締役社長、同年 12 月に GE 東芝シリコーンの代表取締役社長兼 CEO に就任。2006 年 2 月、GE コンシューマー・ファイナンスの代表 取締役社長兼 CEO ならびに GE のコーポレート・オフィサーに任命。 2007 年 6 月、GE 横河メディカルシステム(現 GE ヘルスケア・ジャパン) の代表取締役社長兼 CEO に就任し、2009 年 2 月から 2015 年まで GE ヘルスケア・アジアパシフィックのプレジデント兼 CEO を兼任。
http://www.ge.com/jp