2016/02/04 | 編集部 | 1,538view

自分をフィギュアに!?3Dプリンターでつくるフィギュア


本人そっくりにつくられたフィギュアを最近CMなどでも見かけませんか? 実は、写真を撮るだけで簡単に自分の3Dフィギュアができてしまうのです! 3Dプリンターの技術は昔からあり、部品の製造や模型の制作など、色々な場面で使われていました。 しかし、最近では人や動物をスキャンし、3Dプリンターで出力する事でフィギュアにするサービスが人気なのです。 もちろん、ポーズや表情、服の色まで細部に至るまで忠実に再現されます。 日常の一瞬から七五三や結婚式、その他色々な記念日など、特別な日の一瞬を形として残すために3Dフィギュアを作る人が増えているようです。 また、一瞬での撮影のため、動物もフィギュアにする事ができるので、ペットをポケットサイズで残し、成長記録や素敵なインテリアとしても飾っておくこともできます。 でも3Dフィギュアって高そうなイメージある、、、という方も多いと思いますが、 値段は10cmのサイズが9000円台と、意外と手が届くお値段で作れてしまうのです。 写真を撮るだけでできてしまうという点も、簡単で時間がかからず良いですよね。 DOOB 3Dというところでは、独自の撮影方法で
0.01秒であっという間に撮影することができます!
動きやすい対象も一瞬で撮る事が可能な為、赤ちゃんやペットなどのフィギュアを作るのに時間がかからず簡単にできてしまいますよ。個人で思い出として作るにも良し、企業の新しい企画やインパクトを与える要素として作るのも良し。 世界に一つだけのフィギュアとして、自分の3Dフィギュアを作ってみてはいかがですか?
後藤 結月

投稿者:後藤 結月

楽しい事と面白い事が大好きです。マンガやアニメが好きなのでそういった記事や、デザインやアートについての記事をお届けしていけたらと思います。よろしくお願いします!

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年10月号
  • 2017年09月号
  • 2017年08月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読