BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#会員制サイト

#食

#直感

#ICT

#認知

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

通販はコピーワークが要(かなめ)その3「チラシでレスポンス率を上げるための細部コピー」

  • 2016/05/11
  • デザイン
  • 2,015view


レスポンス率をアップさせるのは
秀でたキャッチコピーだけではない!

レスポンスを多く獲ることが義務づけられている通販の広告やチラシ。
優れたキャッチコピーの開発は第一ですが、
それ以外の細部のコピーワークもとても重要になってきます。

トップのサンプル画像は、ある青汁商品の折込広告のもので
キャッチコピーは『青汁で、鉄分も、ビタミンも!』、
このキャッチを受けるサブコピーを4パターン替えて実施。
レスポンスの違いを探りました。

 1「18種類の栄養素を1杯で!」
 2「ジュース感覚でゴクゴク飲める」
 3「毎日1杯、野菜不足、栄養不足を補う!」
 4「家族で始めるオイシい健康習慣」

以上4パターン。順番通りの結果で、1番目のコピーが抜きん出ていました。
ちなみに、それぞれ次のような意図でサブコピーをつくっています。
1番目は、たくさんの栄養素がまとめて簡単に摂取できること
2番目は、ジュースのようにおいしく飲める青汁であること
3番目は、コップ1杯で手軽に野菜不足解消をめざせること
4番目は、まとめ買いや定期購入の促進を少し狙ったもの

レスポンス率をアップさせるためのコピーワーク
は、
紙面のいろんな部分で行なっています。
それは、商品特徴説明の見出しだったり、愛用者のコメントだったり、
図やグラフ・画像に付す補足キャプションだったり、
オファーやデバイス部分でのちょっとした誘い文句だったり・・・。
細部までコピーライターは言葉にこだわります。

要のコピーはキャッチや文章だけではない!

通販広告を制作する上でのコピーは、キャッチや文章にとどまりません。
例えばオファー部分(特別価格や特典など)ですが、
商品が通常より000円安いとします。
その表記の際に、「000円おトク!」というのか「000円割引!」というのか。
もし半額なら、「今なら半額」というのか「今だけ50%OFF!」というのか。
特典として何か景品がついてくるとします。
「もれなく***進呈!」というのか「全員に***プレゼント!」というのか。
送料がかからないとします。
「送料無料!」というのかそれとも「送料0円!」というのか。  …等等、
どの単語、数字、表現にするかで微妙にレスポンス数が変わったりします。
それは、売りたい(訴えたい)ターゲットがどんな層なのかで
より響く単語や表現をチョイスする
ことになります。

塵も積もれば山となる、ではありませんが、
細部のコピーワークひとつひとつの積み重ねが
最終的なレスポンス獲得数につながってくる
のです。
逆も真なり、ではありませんが、
手を抜いた感のある原稿はどうしてもレスポンス率が落ちると感じています。

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す