BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#プロポーザル

#印刷データ

#キャッチ

#日本文化

#商品

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

海外に通用する企業戦略-人材編

  • 2016/07/27
  • ビジネス
  • 568view

横山 亜紀

横山 亜紀

Cleval株式会社


この度、クレーバル株式会社にて海外向けで
仕事に携わる事となりました勝部です。 

今まで約20年間メーカーにて海外営業を
専門とした職種に付いておりました。

北米地域の子会社の運営から中国地域での
会社設立、工場設立など、いろいろと
幅広く仕事をしてきました。

その中でグローバル化が進む中で
日本の企業は生き残りのために
何が大事なのかを見極めをしていく時代だと
改めて、実感しました。 

海外進出において企業にとって
大事なことは以下の2点です。
 
●海外市場専任の人材確保
●海外市場進出の方法

今回はまず海外市場専任の人材確保について
ご紹介します。 


日本の多くの企業で苦戦しているポイントは
何でしょうか? 

まず良い人材の確保ではないでしょうか。
適任者が少ない理由として、
日本人の弱点でもある、英語恐怖症があります。 

世界のビジネス共通語でもある英語が出来る人が
簡単に見つからない企業も多いのです。 
それらの企業は海外に進出したくても、
尻込みしてしまいます。  

しかし、ちょっと視点をかえてみてはどうでしょうか。

優秀な人材は日本国内だけではありません。 
海外には優秀な人材はたくさんいます。 

しかし、採用側が日本語必須となると
せっかくの優秀な人材にフィルターを
掛けてしまっています。

それはもったいないですよね。 

良い人材とはなんでしょうか? 

それは人種に関係なく、
ビジネスとして、商品・サービス知識、
貿易実務の能力が長けている人材かどうかが
ポイントです。

この様な人材を育成するのも
企業としては大事ですが、
この様な人材を日本国内に限らず、
世界に目を向けて採用すれば
海外進出の大きな第一歩となるでしょう。 

次回は海外市場進出の方法についてです。 

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す