BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#地場産業

#要件定義

#面接

#強み

#クリエイティブ

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

SEOは対策するものじゃない! コンテンツの質と量が決め手


お金をかけたSEO対策はNG!
サイト内のコンテンツの質と量が重要です。

ひと昔前までは、費用をかけてSEO対策をするというのが一般的でした。確かに2年くらい前までは、被リンクがどれだけあるかによって順位が上がったという時期もありましたが、それがお金によってSEO対策ができた最後の例ではないでしょうか。
現在は、ドメインの年数とか、求めているキーワードや競争の数、もっと言えば社名なども影響はしてきますが、小手先のSEO対策をするのではなく、モバイルファーストで基本に忠実に、発信したい情報をきっちりと載せておけば自然と上がってきます。AIの急速な進化によって、Googleなども小手先の対策では通用しなくなってきているのです。

重要なのはサイト内のコンテンツの質と量。SEO対策に毎月10万円の費用をかけるくらいなら、サイト内の情報量を増やしていくことに費用を使ってください。SEO対策に使う費用以下で、それ以上の効果を得ることができるはずです。
お金をかけたSEO対策は費用対効果としてプラスにならないケースが多いのですが、継続的に購入してもらえる例えば金融業などの場合はプラスになる場合もありますので、業種によって使い分けることもポイントです。


コンテンツの要点を3つ絞ること
状況に合わせた微調整も重要です。

サイト内のコンテンツの質と量を増やすために重視しているのが、要点を3つに絞ること。情報量を増やすために商品ごとのページを作成していくことも有益です。
また、ニッチなキーワードで検索してくれたユーザーは、購入につながるケースが非常に高いのも特徴。
担当者から1日に1000人はサイトを訪問してもらえるようにしたいと依頼されることがあるのですが、閲覧はされるけれど購入につながらない1000人よりも、100人に訪問してもらってその内の10人が購入につながる方が断然良いですよね。

アナリティクスなどで結果はすぐに出ますから、例えばディスクリプションやタイトルの部分などをこまめに変更することは必要だと思います。当初想定していたキーワードと異なるワードでユーザーが反応している場合は、それを考慮して変更していくことも必要。常に状況を確認しながら、それに合わせてサイトを微調整していくことを心がけましょう。

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す