BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#iPhone

#プラットフォーム

#パブリシティ

#要件定義

#デザイン

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

クライアントとの距離感について① ~初回の打ち合わせ時~


初回の打ち合わせまでの1週間で
デザインを制作して持参する

ロゴ制作やポスター、カタログ、WEBリニューアルなど、制作内容に違いはありますが、どのように作っていったらいいのかを明確に指示できるクライアントは少数だと思います。もちろん、その制作物によってもたらされる効果を期待しての発注なのは間違いありませんが、期待する効果にどのようにたどり着いたら良いのかまでを理解し、制作の細部までを熟知するというのは不可能です。

クライアントは制作のプロではありませんので、打ち合わせ時には極力専門用語を使わないことを意識していますが、初回の打ち合わせ時に一歩も話が前に進まないということも多々あります。結局は持ち帰って社内で整理をして次回の打ち合わせに挑むのですが、初回の打ち合わせがあまり意味をなさないということになってしまっては時間の無駄になります。

そこで私たちは、制作依頼をいただいてアポイントを取ってから初回打ち合わせまでの1週間の間に、何かしらかのデザインを制作して持参することにしています。
それはロゴであったり、WEBリニューアルであったとしても同じで、問い合わせ内容やアポイント時の会話だけで一度デザインを作成するのです。
WEBに関してはサーバーにアップした状態で持参することを徹底しています。


判断基準となるデザインを持参することで
スピード感のある進行が可能となる。

初回の打ち合わせ時に持参するデザインは、弊社の基準で行なっていくのですが、まだ直接お会いしていない状況ですから、もちろん初回の打ち合わせ時に「すみません、全然違いました!」ということもあります。
しかし、その場合であったとしても、「全然違う」ということがわかっただけでも一歩前進しています。

受注が確約されていない状況での制作の場合は、デザインが無駄になることもありますが、判断基準となるデザインがあることでクライアントから意見をもらえたりするので、制作のスピード感という意味でメリットは絶大。
特にWEB制作の場合は、制作期間が2~3ヶ月にも及ぶことも一般的。
初回の打ち合わせから判断材料となるデザインがあることで、スピーディーに制作が進み、WEB制作でよく聞く「初回の打ち合わせから納品まで、結局1年越しになった」という、WEB制作あるあるからの脱却にも繋がるのです。

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す