2017/02/10 | ビジネス | 503 view | 

5分でわかる!イマドキSNS活用術② ~Facebook編~


こんにちは!
毎週配信【らくだのお手紙】担当のTakuです。

【シンプルかつカンタン。でも、ビジネスに使える!】をテーマに、毎週情報を配信しています。
ぜひお気軽にご覧ください。



本日のテーマは、こちらです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5分でわかる!イマドキSNS活用術② ~Facebook編~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今や企業のブランディングや集客・販促施策にかかせない存在となったSNSですが、
弊社キャメルスタジオでも、WEBサイトの制作と併せて、SNSコンテンツの企画や制作、運用など様々な場面で
SNSを活用した施策のお手伝いをさせていただいています。

その中でも、幅広い世代に利用され、ビジネスシーンでも活用されるFacebook(フェイスブック)。
今回は、そんなFacebookを活用した施策で、キャメルスタジオが工夫している点などをご紹介します。


「Facebookの特性」は、前回の記事をご覧ください。
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1695



どんな内容が効果的?
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

●画像はとっても重要!

ある調査では、関連の高い画像を使用したコンテンツは、使用しないコンテンツよりも94%多くビューを獲得すると言われています。
また、人は耳からの情報は、3日後には全体の10%程しか覚えていない反面、その同じ情報を、関連のある画像と一緒に視覚的に提示すると、3日後に全体の65%を記憶しているそうです。
このことから、キャメルスタジオでは使用する画像の関連性にもこだわり、効果的と判断した場合は、テキストのみでデザインしたり、ピクトグラムなどのイラストを使用して制作をしています。


●読ませるための工夫を!

提供するコンテンツのターゲットによって様々ですが、共通して言えることは【適度な長さでの改行】と【疑問などアクションを促して終わること】です。
SNSはスマートフォンでの閲覧が大多数を占めているため、見やすさはとても重要となります。
改行もなくダラダラと長い文章は飽きてしまいますよね? 私も読みにくい文章は途中で諦めてしまいます。。
適度な文章量と改行は、見た目を左右する大きなポイントとなります。

また、【疑問などアクションを促して終わること】ですが、
ただ文章をまとめて終えるよりも、疑問を投げかけたり、クイズ形式にしたりなどユーザーとインタラクティブなコミュニケーションを取り、
親近感や興味を持っていただくことで、いいね!やコメント、サイトへの遷移等のアクションに繋げていくことができます。

他にもキャメルスタジオでは、キャラクターを活用したコンテンツ配信など様々な工夫を凝らしています。
中でも、【興味のある者がコンテンツを制作する!】ことを大事にしており、制作する側の情熱や興味などが反映されると考えています。



いつ公開するのがよい?
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
ただやみくもに投稿するのではなく、配信時間にもこだわっています。
一般的には、午後2~4時ごろに配信した記事に、いいね!やシェアがされやすい傾向があると言われています。
お昼頃から上がっていき、午後休憩時の午後2~4時頃にピークを迎えます。

また、ターゲットによっても異なり、女性向け記事の場合、
19時に配信された記事は、Facebookでの1記事あたりの拡散数は約2.5倍以上であるという統計データもあります。

キャメルスタジオでは、ターゲットによって配信時間を使い分けて、効果的な時間帯を選んでいます。



配信本数はどの程度がベスト?
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
前回の記事(http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1695)でもお伝えしたとおり、
【コンスタント(継続的)に】コンテンツを提供していくことがとても大切です。

ただし、1日に何度も配信してしまうとユーザーの反応は鈍る傾向にありますので、節度をもってコンスタントに提供していきましょう。



いかがでしたでしょうか?
キャメルスタジオがSNSを活用した施策を提供するときに工夫している点を、部分的にですが、ご紹介させていただきました。

もちろん、提供するコンテンツのターゲット等によっても異なってきますが、
どういったターゲットに訴求したいかを考え、想定しながらFacebookを活用していくことが大切です。

ぜひFacebookを活用して、集客やファン作りをしてみてはいかがでしょうか?


<出典>
http://www.userlocal.jp/news/201506221/
http://www.lifelearn.com/2015/05/12/why-infographics-work/



‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
次回の【らくだのお手紙】
______________________________
次回のテーマは【5分でわかる!イマドキSNS活用術③ ~Twitter編~ 】 です。
本記事では、各SNSの特性をご紹介いたしましたので、SNSごとにさらに掘り下げた内容をお届けします。

●「らくだのお手紙」とは?
株式会社キャメルスタジオが【毎週配信】する情報マガジンです。
【シンプルかつカンタン。でも、ビジネスに使える!】をテーマに、 WEBサイトやSNS、業界トレンド等を配信しています。

コメントを入力する

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年09月号
  • 2017年08月号
  • 2017年07月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読