2017/04/21 | ビジネス | 711 view | 

集客・売上アップに繋がる!オウンドメディア制作【3】 ~制作編~


こんにちは!
毎週配信【らくだのお手紙】担当のTakuです。

【シンプルかつカンタン。でも、ビジネスに使える!】をテーマに、毎週情報を配信しています。
ぜひお気軽にご覧ください。


本日のテーマは、こちらです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
集客・売上アップに繋がる!オウンドメディア制作【3】 ~制作編~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今月は【オウンドメディア制作】をテーマに、キャメルスタジオがお客様にご紹介、ご提案している内容を全4回でお届けしています。

2015年は「オウンドメディア元年」と呼ばれ、様々な企業でオウンドメディアが導入されるようになりました。
オウンドメディア制作についても、成功・失敗事例が増え、多くの知見が溜まりつつあります。

キャメルスタジオでも、オウンドメディアの制作や運営のご相談をいただくことが多くなり、現在も様々な企業のオウンドメディア制作や運用に関わらせていただいています。
その中で、オウンドメディア制作を成功させる上で、重要だと考えているポイントをご紹介いたします。


ポイントは、関連情報から自社商品へ!
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
オウンドメディアの「側」やコンテンツの制作にあたり、大きく分かれるのは、
初めから自社商品等を全面的に押し出したコンテンツを配信するか、まずは自社商品等には触れず関連情報のコンテンツを配信していくかという点です。
これについては、前回の戦略編での目標設定とも深く関わっており、得たい目標やマーケティングのフェーズ段階によって検討していくこととなります。

一般的に多く取り入れられている手法としては、
まずは、自社商品等には触れずにオーガニックなコンテンツを配信し、ある程度訪問ユーザーが増加してきたところで、
コンテンツと絡めて自社商品等を紹介したり、自社商品等が紹介されている別WEBサイトへ送客したり等が用いられています。
自社商品等を全面に出す場合、どうしても広告色が強くなってしまったり、コンテンツ内容が限定されすぎてしまうため、ユーザーから敬遠されてしまいがちになります。
しかし一方で、商品数もあり、商品の認知が進んでいる場合には、自社商品等をメインに用いてコンテンツを制作することは効果的だと言えます。


自己満コンテンツはNG!
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
配信コンテンツの方向性が決まったところで、コンテンツ制作で意識しておきたいことが【ユーザーにとって役に立つ内容かどうか】ということです。
よくオウンドメディアで見かけるのが、日記のようなコンテンツを目的なく配信しているパターンです。
会社内の雰囲気を伝えるために、目的をもって配信する分には効果的ですが、ただなんとなく配信している日記的なコンテンツには、あまり集客等の効果は期待できません。

特に検索から流入してくるユーザーに関しては、何か悩みや課題があり、それを解決する手段として検索を通してオウンドメディアにくることが多いです。
そのため、ターゲットとして設定したユーザーがどんな悩みや課題を持っているのか、それを解決するためのコンテンツ内容になっているかどうか考えて制作する必要があります。
また、オウンドメディアが乱立している現在では、その会社でなくては伝えられないオリジナリティーのある、ひと工夫のあるコンテンツが求められています。
タイトルについても、コンテンツを読み終わったときにどんなベネフィットが得られるかが簡潔にわかる等、細かな工夫が後々大きな効果に繋がってきます。


見落とされがちなのが【キーワード】!
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
コンテンツ制作を進める中で、効果的なのに、よく見落とされがちなのが各コンテンツ記事での【キーワード】の使用です。
オウンドメディア制作の大きな効果として、【SEO】効果が挙げられます。
SEO効果とは、主に検索エンジンの検索結果の上位に多く露出されるコンテンツを制作することで、訪問ユーザー数を増加させることを指します。
検索エンジンの検索結果の上位に露出されるには、様々な要素があり、その中でも大切なのが【キーワード】の設定・使用です。

【キーワード】は、配信するコンテンツがどんなものかを端的に表し、検索順位を決める際の評価に大きく関わるものとなります。
本文の内容に合った【キーワード】を考えて、タイトルや本文にキーワードを散りばめることが大切です。

また、類義語の中でも検索母数のより多い単語を使用したり、多くの人が検索している単語などを積極的に使用することも重要です。
ただし、【キーワード】を意識しすぎることで、違和感のある文になってしまうよりは、ユーザーが自然に読みやすいような文を作成することが良質なコンテンツに繋がっていくと言えます。



いかがでしたでしょうか?
キャメルスタジオが考えるオウンドメディア制作時のポイントについて、ご紹介しました。
一貫性をもって、ユーザーの役に立つ情報を提供していくことが、求めている結果への近道でもあります。
ぜひ目的に対して、効果的かつ生産的に【オウンドメディア】を取り入れてみてはいかがでしょうか?



‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
次回の【らくだのお手紙】
______________________________
次回は「集客・売上アップに繋がる!オウンドメディア制作【4】 ~効果測定編~」を配信予定です。

●「らくだのお手紙」とは?
株式会社キャメルスタジオが【毎週配信】する情報マガジンです。
【シンプルかつカンタン。でも、ビジネスに使える!】をテーマに、 WEBサイトやSNS、業界トレンド等を配信しています。

●4月定期配信【集客・売上アップに繋がる!オウンドメディア制作】シリーズ
・集客・売上アップに繋がる!オウンドメディア制作【1】
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1850

・集客・売上アップに繋がる!オウンドメディア制作【2】 ~戦略編~
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1859


●3月定期配信【絶対に知っておきたい!効果的なスマホ最適化】シリーズ
・絶対に知っておきたい!効果的なスマホ最適化【1】
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1795

・絶対に知っておきたい!効果的なスマホ最適化【2】 ~情報設計編~
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1801

・絶対に知っておきたい!効果的なスマホ最適化【3】 ~デザイン編~
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1818

・絶対に知っておきたい!効果的なスマホ最適化【4】 ~マーケティング編~
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1827

・絶対に知っておきたい!効果的なスマホ最適化【5】 ~進化するスマホ業界編~
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1837


●2月定期配信【5分でわかる!イマドキSNS活用術】シリーズ
・5分でわかる!イマドキSNS活用術【1】
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1695

・5分でわかる!イマドキSNS活用術【2】 ~Facebook編~
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1713

・5分でわかる!イマドキSNS活用術【3】 ~Twitter編~
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1716

・5分でわかる!イマドキSNS活用術【4】 ~Instagram編~
http://businesstimeline.jp/company/camelstudio/timeline_detail/1775

コメントを入力する

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年09月号
  • 2017年08月号
  • 2017年07月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読