BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#案件管理

#品質

#エリアマーケティング

#BtoC

#プロポーザル

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

シームレスな制作のメリット② ~制作を一元化したメディアミックス~


広告代理店やメーカーの担当者様へ
制作もメディアミックスするメリット。

広告代理店の営業さんがメーカーや商業施設のプロモーションを行う際に、ポスターや交通広告、新聞広告などの紙媒体のほか、WEBや動画、時には展示会でのブースなど、複数のメディアをミックスするのが現在では一般的です。その時に、紙媒体はこの制作会社、WEBはここに、動画は‥‥というように異なる会社に依頼したとしたらどうでしょう。それぞれの進行管理が大変なほか、各社をつなぐだけでもひと苦労です。
ひとつのキービジュアルでプロモーションを展開していくことも少なくないことから、今回はグラフィック制作会社が全てを制作・ディレクションすることのメリットを紹介します。


メリット1)アイデアから進行管理、予算管理までを一元化

紙媒体やWEB、動画など複数のメディアをミックスさせたプロモーションを行う場合に、重要となるのが進行や予算の管理です。
プロモーションのキーとなるビジュアルを作成するグラフィック会社に制作を一元化することで、プロモーションのアイデアやコンセプトの開発から、進行管理・予算管理までを任せることができるので、広告代理店の営業さんやメーカーの広報担当者にとっては大きなメリットとなります。


メリット2)統一したグラフィックでの展開が容易

メーカーの商品であれ、商業施設であれ、キービジュアルはプロモーション展開の軸になります。
キービジュアルの開発を担当するグラフィック会社が、WEBや動画などの各種媒体も手がけることで、統一したグラフィックでの展開が容易になることもメリットです。
「シームレスな制作のメリット① ~グラフィックとWEBとの境界線~」でもお伝えしましたが、グラフィックの会社がWEBを制作するメリットはたくさんあり、それは動画であっても、展示会のブースであっても同様です。
今では動画が組み込まれているWEBは一般的ですし、少しでも動きが発生したらグラフィックの会社ではなく、動画の会社でというような境界線も存在しません。


メリット3)ビジュアルを開発した会社だから、伝わるプロモーションになる

プロモーションを成功させるには、いかにユーザーに伝わるかということが重要です。
紙媒体で作成したビジュアルを加工してWEBや動画を作成するのでは、その意図やコンセプトが十分に伝わっているのか不安もあります。
プロモーションの軸となるビジュアルを開発したグラフィックの会社だからこそ、媒体が変わってもユーザーに届くコミュニケーションを作っていけると思っています。


まとめ

メディアミックスによるプロモーションが当たり前になっている現在!
紙媒体やWEB、動画などメディアによって制作会社を分けるのではなく、制作自体を一元化することによる大きなメリットを実感してください。

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す