BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#課題改善

#認知

#ブランド構築

#生産性向上

#パーソナルブランディング

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

IoT開発のトレンドとなるキーワードとは?



我々は「IoT」という言葉が生まれる前から、通信を使ったシステム開発を行なってきました。以前、記事で紹介させていただいた警備車両やバスの動態管理、太陽光発電システムにおける発電量の監視、あるいは地方に点在する精米機の故障を伝えるシステムなど、目的も分野も千差万別です。

こうした経験を経て、近年、我々がIoT開発のカギと考えていることがふたつあります。

ひとつめは「デバイス(センサー機器)と通信が重要」。

もうひとつは「デバイス側をシンプルに、サーバーサイドにインテリジェンスを」。

今回の記事では、このふたつのトレンドを解説しましょう。


●デバイスの小型化&高性能化が必須

まず、デバイスについてです。

今、我々が取り組んでいる案件のひとつに、ご高齢の徘徊をチェックし、以上があれば知らせるというシステムがあります。デバイスを携行している人(高齢者)が設定した範囲(地域)から出たときに、親族などに連絡がいくというものです。

デバイスの位置を特定する方法には、いくつかあります。この例で言えば、ドアを開けたときに反応するドアセンサーにはじまり、今ではスマートフォンにも内蔵されているGPS、そしてBLE(Bluetooth Low Energy)を使用したビーコンなどが候補に挙がりました。
ドアセンサーは、そこを通らないと反応しない。ビーコンは消費電力が少ないのが利点ですが、受信機が近くになければならないため、一定の範囲から外に出たことは分かっても、そこからどこへ行ったのかまでは分からない。こうした理由で、GPSを採用しました。

ともあれ、この事例で一番問題となるのはデバイスをどうやって小型化するか。また、小型化すれば内蔵できる電池も小さくなり、連続使用時間が短くなってしまうことも、我々の頭を悩ませています。ここをクリアできれば、この事例にとどまらず、IoTのさまざまな可能性につながるのではないでしょうか。


つぎに通信について。

デバイスから受信側への通信は、パケット単位でコストがかかります。これをいかに少なくするかということも大切です。そのためには、データを圧縮するのが一般的な方法となっています。

これに加えて、我々はソフトウェアのみならずハードウェアの開発もしていますので、プロトコルを自在に設定できます。それによってデータ量を抑えることも可能になります。
こうした技術が、これからのIoT開発に必須のものになると考えています。


●シンプルで壊れにくいデバイスを

ふたつめのカギ、「デバイス側をシンプルに、サーバーサイドにインテリジェンスを」については、こんな具体例を挙げることができます。

液面(液体の量)を調べ、その情報をもとに自動発注するシステムを開発したときのことです。
このときに重視したのは、デバイス(センサー機器)にはあまり機能を持たせず、センシングの精度を高めること。そして、デバイスから送られてくる情報を処理するサーバーの性能を高めることです。

この事例では、デバイスが超小型・超省電力である必要はないのですが、シンプルなつくりにしたほうが壊れにくく、メンテナンスの手間や費用が抑えられます。また、デバイス側で情報を処理しないことで、サーバーに送るデータも小さくてすみます。

データの処理をサーバーに依存していますから、機能変更などを行なう場合はサーバー側だけに手を加えればすみます。これが、デバイス側に機能をもたせていると、数多くのデバイスすべてを入れ替えるなどの手間がかかってしまうわけです。

IoT開発におけるふたつのトレンド、ご理解いただけたでしょうか。
IoT開発で悩んでおられる方、これからIoT開発に関わっていく方は、ぜひ頭の片隅に入れておいてください。

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す