2017/10/13 | ビジネス | 35 view | 

十分なヒアリングでクライアントの希望を汲み取る

Webサイトへの集客は、多くの企業様が頭を悩まされることだと思います。ここでは、SNSやチラシを活用して集客に成功した例を紹介させていただきます。
案件は、カラオケ大会「ジェネステ2017」の新規構築と運用でした。ちなみに、カラオケ大会というと、かなりコアな業界に思えますが、弊社には業種の得手不得手はありません。ユーザーの絞り込みを含め、課題を解決する手法に大きな違いはないからです。

――クライアント側で更新できるシステムを提案――

クライアントのご希望は、この「新世代のカラオケ大会」のコンセプトが伝わるWebサイトの構築でした。一般的にカラオケ大会というのは、タレント事務所が絡んでいることなどから、開催前から優勝者が決まっていることがほとんどなのだそうです。
しかしこの大会は、そうしたしがらみ抜きで本当に歌がうまい人を決めることをコンセプトとしていました。

Webサイトの制作に関しては、クライアントからのデザイン面でのご希望もありましたが、構成がなにより大切です。
なにを最初に見せるのかといった順序立てや、大切なところに目がいくようなキャッチコピーなどを、よく考えなければならないのです。
この案件では、デザインまで仕上げた段階でクライアントに見せたところ、すぐにOKをいただくことができました。この段階でNGが出るケースもあるかと思いますが、事前にしっかりヒアリングしてクライアントの意見を十分に汲み取り、制作側がそれをよく噛み砕いて解釈することができていれば、そうした問題はまず起きません。

Webサイトの管理については、クライアント側で更新などができるようなシステムを構築することを提案しました。
システム構築も弊社内で行っています。弊社エンジニアの責任者(石原隆志)は、ワードプレス入門書(『WordPress標準デザイン講座 【Version 4.x対応】』など)の共著があり、弊社としてもワードプレスのカンファレンス「ワードフェス2016」への協賛を行うなど、システム構築はお手のものです。マニュアル書も作成し、ワードプレスに詳しくない人でも更新できるようにしました。

――的確な運営で集客をアップ――

















この案件では集客も依頼されました。集客とはすなわち、Webサイトに行きつくための筋道をつくるということです。

これが一番の課題といえるでしょう。

弊社には、集客に対する知識が豊富なマーケッターでもある営業スタッフがおります。彼を交えて、クライアントと戦略を練っていきました。もっとも力を入れるべき部分ですので、1カ月以上かけてじっくり戦略を立てました。


実際に行ったのは、SEO対策とリスティング広告、それにSNSを利用した集客です。

コアな市場であるため、当初は集客が難しいのではないかと思っていましたが、コアなだけに競合が特定しやすく、そこを抑えることで検索上位にすることができました。リスティング広告やフェイスブック広告も、ターゲットがはっきりしていたので、比較的容易に効果を上げることが可能でした。


SNSは大きな力になりました。リスティング広告は出稿だけで終わってしまいがちですが、SNSのカラオケグループのなかでリツイートや「いいね!」がクリックされることで、情報が広がっていきます。こうした仕組みづくりも、弊社の提案によるものです。

たとえばフェイスブックではセグメント(年齢、性別、興味・関心など)ができているので、広告を出せばターゲットに近い層に届かせることが可能です。それに加えて、カラオケのグループを探しにいき、直近1時間に「いいね!」をクリックしているユーザーなど、フェイスブックを頻繁に利用している人に友達申請を送るというようなこともしました。

先述のように、すでにいろいろなカラオケ大会に出られている方は、「大会は事前に優勝者が決まっている」ということをご存知です。そこで、「この大会はそうではなく、本当に歌のうまい人を決める大会なんですよ」ということを伝えます。大会の存在やコンセプトを知ってもらい、拡散を期待したのです。

SNSの運用は、クライアントと弊社でともに行ないました。SNSは頻度が重要なので、友達申請を含めた実際の作業はクライアントに行なってもらいますが、アドバイスは弊社が行ないます。こうすることで、費用を抑えることが可能になりました。


この案件ではオンライン(Web)だけでなく、オフライン(チラシ)も大切な集客手段だと考えました。

チラシを制作し、カラオケの店舗に置かせてもらうのが、その手段。なかでも「一人カラオケ」の店舗にはターゲットが集まりやすいと考え、そこに重点的に配布することを提案しました。

弊社デザイナーのひとりは、かつてアートディレクターとしてオフラインの営業もしていました。営業的な面をよく理解していますので、オフラインの戦略を立てるのも得意です。


結果としては、第一段階の2カ月で、当初の目標だった10,000PVを大幅に上回る28,000PVを達成し、多くのお問い合わせを獲得し、クライアントに喜んでいただくことができました。


弊社では、Webやチラシのデザインだけにとどまらず、運用面や広告など、さまざまな提案を行なっています。システム構築などを含め、ワンストップでご依頼いただけるのも、強みだと思っています。

弊社の能力を活用して、課題解決に役立てていただけるとうれしいです。



ジェネステ2017

https://genestae.com

WordPress標準デザイン講座 【Version 4.x対応】 (翔泳社:発行)

http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798140261




コメントを入力する

noimage

畑中 孝仁

フォロワー:

私は、「個人の力の小ささ」を自覚しています。会社を設立した当初は、まずは私自身が自分を確立することで精一杯でした。 そこから少しずつ、家族へ、社員の皆へ、お客様へと、手の届く範囲を広げていきながら、やがて社会への貢献を考えるようになりました。 それを可能にするのは、私一人の力ではありません。私たちGrow Groupの社員全員が、チームとして機能しなければ果たせない役割です。 皆で切磋琢磨し合いながら成長していくこと。それこそが、私たちの社名に込めた思いそのものです。 社員、お客様、エンドユーザーの方々、関わるすべての人が幸せになれるよう、Grow Group一丸となって挑戦と成長を続けていきます。

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年11月号
  • 2017年10月号
  • 2017年09月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読