2017/09/13 | ビジネス | 185 view | 

デザイン会社にこそおすすめしたい、チームビルディングのすすめ。

我々のような広告制作の仕事って作業自体は一人で完結することが
できるんですが、プロジェクト全体を考えるとかなりの分業体制だったり
します。本日は我々の同業のみなさんにこそお勧めしたい
簡単で15分程度で右脳を活性化させて盛り上がる
ワークををご紹介します。弊社でもたまーに実施したりしています。

社内の会議中にやってみたり。ちょっとしたアイデア会議に転用したりと
いろんな事に応用しても面白いと思います。もちろんクライアント様と一緒に
プロジェクトチーム発足時にやってみてもいいかもしれません。

という事で本日紹介するのは

「○○そうな人はだーれ!」 です。

(やり方)
・5.6名のグループになる(できれば輪になる)
・初めにお題を言う人を決める
・お題を言う人は、例えば「この中で生徒会長を務めた事がある人」
 のようにお題を言う
・「せーの」の声で該当しそうだと自分が思う人を指さす
・一番多く指が指された人に真偽を聞いてみる。
・他のメンバーには、なぜそう思ったのかを聞いてみる。
・全メンバーやったら感想タイム

これは、新しいメンバーが加わった時や
あまりメンバー同士のコミュニケーションがうまく言っていない時に有効です。
人数制限はないですが6名を超える場合は2チームに分けてもいいと思います。

思い込みや先入観、雰囲気が相手に与えるイメージ等を改めて気づくことができるグループワークです。
他人から自分がどのように見えているのかを知る事ができるだけで、色々な事に影響がでます。
お題自体はプライベートな事でもいいし、仕事に関わる事でもいいですね。

「子供の頃泣き虫そうな人」
「生まれ変わってもこの仕事をやってそうな人」

など、その人のバックグラウンドや考え方をを知る事ができるかもしれません。

いかがでしょうか。
たまにはこういうワークで仕事以外にも脳を使って
楽しんでみてはいかがでしょうか。

試しにやってみたい!自社の案件に取り入れたいや、
社内で実際にちょっとやってほしい等、
コラボできる会社様がいらっしゃいましたら
ぜひご連絡ください。

コメントを入力する

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年10月号
  • 2017年09月号
  • 2017年08月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読