2017/04/20 | ビジネス | 302 view | 

地域オンリーワン100年企業を目指して1


地域に根ざす中小企業こそ「企業ブランド」が重要

「商品が売れない」、「良い人材が集まらない」、「社風・自社らしさと呼べるものが無い」、「従業員のモチベーションが上がらない」など地域に根ざす中小企業は多くの課題を抱えています。日本全体を見ても人口減少により顧客や人材の奪い合いが熾烈になっています。このような環境下では、商品を選んでもらうように、企業そのものが、ユーザー、従業員、地域・社会に支持され、選ばれる企業になることが必要になってきます。そのために企業ブランドが重要なのです。


ブランドとは?

ブランドとは、「人々の心の中に存在する、品質を超えたポジティブなイメージ」と定義できます。企業ブランドとは、企業そのものをブランド化することで企業価値を高めることです。企業ブランドというと、大企業だけのものだろうと考えてしまいますが、地域に根ざす中小企業こそ企業ブランドが重要です。ブランド力がある会社は、「製品販売」だけでではなく「営業開拓」、「人材採用」、「商品開発」、「従業員モチベーション」など社内外の課題をポジティブな方向に向けることができます。


コメントを入力する

noimage

久保 晴資

フォロワー:

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年09月号
  • 2017年08月号
  • 2017年07月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読