2017/04/21 | ビジネス | 389 view | 

地域オンリーワン100年企業を目指して2


ユーザー、従業員、社会と「絆」を作る

企業ブランディング(=ブランド作り)は、単に会社のロゴマークを作ることではありません。先づ、自分たちらしい「あるべき姿(=理念)」を描くことが重要です。「あるべき姿」がコミュニケーションと商品やサービスに形を変えてユーザーや社会に届けられ繋がりを作ります。「あるべき姿」が自分たちらしく研ぎ澄まされ、両軸から一貫してブレることなく伝わることで「繋がり」は共感をつくり、強い「絆」となります。


オンリーワンの企業ブランドを作るために

強い企業ブランドは、一朝一夕でできるものではありません。
「あるべき姿(理念)」を描き、その「姿」に近づくために中長期の視点で「ビジョン」描くことが重要です。「ビジョン」とは、登山に例えるなら、山頂に立った時のイメージを思い描き、そのためにどう登るのかを考えること。
常に「ビジョン(事業ビジョン)」を持ち、頂きを目指し行動することが、選ばれる企業ブランドを作り、会社を成長させるドライバーとなるのです。




コメントを入力する

noimage

久保 晴資

フォロワー:

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年09月号
  • 2017年08月号
  • 2017年07月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読