BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#社内向け

#facebookCanvas

#コスト

#エンタメ業界

#クーポン

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

【企業内映像需要に応える③】インナーブランディングのための映像

売り手の意識と行動を変えるインナーブランディングの重要性

モノが売れない時代に、企業が取り組むべきことって、何でしょうか。ひとつは、「いいもの」を作ること。
しかし、今はモノが良質ならば黙っていても売れる、という時代ではありません。売り手の側に、買い手を説得する「何か」がなければ、財布の紐はゆるまないのです。
その「何か」には、売り手の熱意、言葉といったものも含まれると思います。

インナーブランディング、もしくはインターナルブランディングという言葉を、会議の場でよく見かけるようになりました。これは、従業員のブランドに対する理解を深め、意識や行動の目標を統一すること、またはそのための施策です。営業や販売に携わる人が説得力のある言葉を使いながら行動すれば、売っているモノへの見方が変わるし、商品価値も高く映る…という考え方自体は以前からあるものだと思いますが、その重要性を再確認しなければならない今の状況なのでしょう。今回は、そのインナーブランディングのための映像制作事例をご紹介します。

ブランドコンセプトに合わせて5タイプの映像を制作

ある日、某大手流通グループから弊社に映像制作の依頼が来ました。先方の持っている5つのアパレルブランドをリニューアルするにあたり、社員、バイトの販売員、そして取引先の方々に、それぞれのブランドイメージをきちんと理解してもらうための映像を作ってほしいという内容でした。

広告会社の担当者の方に各ブランドのコンセプトは説明していただけたのですが、先方には「こうしたい」というイメージが明確にあるわけではありませんでした。ただ、5タイプすべてを撮影して制作すると、予算がかなり膨らんでしまうので、写真やイラストなどの静止画を動かすモーショングラフィックスを多用しようという方針を立てました。結局、1タイプだけ、動画を使った映像になりましたが。

アイディアは、弊社が起用した映像演出を手掛けるクリエイターと一緒に詰めていきました。彼は若いんですが、センスが良くて、制作作業を主導的に進めていってくれました。この案件で最も苦労したのは、素材探しでした。撮影をしないので、ファミリー向けのブランドA、20代のカジュアルなカップル向けのブランドBというふうに、各ブランドに合う写真、動画、音楽などをいろいろなところを漁って、見つけてこなくてはなりませんでした。1本あたり1ヶ月分くらいの労力がかかった感覚があります。実際は、5本は同時進行なので、全体としてかかった期間は、2〜3ヶ月くらいだと思います。

プレゼン時は、仕上がりに近いビデオコンテを作成して、ごらんいただきました。本作業はスムーズに進みましたから、先方とイメージは共有できたのだと思います。完成した映像の品質についても、非常に満足していただけました。

プロは、限られた条件の中で最大限に高品質なものを作る

最後に、弊社にはどのようなことができるのか、あらためてお伝えしておこうと思います。TVCM、プロモーションビデオ、ミュージックビデオを主に制作していますが、
昨年、今年と短編映画の制作にも携わっています。通常の撮影だけでなく、モーショングラフィックス、CGも得意としています。また、先頃、1人のドローン操縦士とスタッフ提携しました。操縦だけでなく、各種申請もお任せいただけます。

自由に何でも、好きなものを制作していいのでしたら、プロもアマチュアもおもしろいものを作れると思います。違いが現れるのは、制約が生まれた時です。予算でも納期でも、限られた条件の中で、いかに最大限に品質の高いものを作れるか。そこに、プロに仕事を頼む意味があると思います。


業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す