BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#旅行会社

#コロンブスの卵

#プログラマー

#プラットフォーム

#社内行事

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

ウェブサイトの運用にはPDCAサイクルが効果的!


ウェブサイトの効果が実感できない…
そんな時は解析ツールを使いましょう!

これまでウェブサイトの運用に携わってきた中で感じたことは、ウェブサイトをどのように運用していけばいいかわからないと悩まれる方が多いということでした。
アクセス数が増えていないというところまでは感じているのですが対処方法が分からなかったり、とりあえず広告をしてみるのですが、売上に繋がらなかったり。

そんな時には、まず現状を数値ではっきりと把握することが大切です。

最もお手軽に導入できるのは「Google アナリティクス」。
サイトのアクセス数がわかるのはもちろんですが、どんなページから人が来ているかや、サイトの中でどのページが見られているのか、どこでお客様が離脱しているのかなどを無料で確認することができます。

現状を的確に把握することができれば、次には課題が見えてくるはず。
例えばお問い合わせが来ない場合、ホームページに月100アクセスしかないのであれば、まずは人がくるように広告を出す、あるいはホームページを改修することが必要となるでしょう。
もしホームページに月1万以上のアクセスがあるにもかかわらず問い合わせが来ないのであれば、サイトが見辛い、あるいは競合他社が同じ商品を販売していてそちらの方が価格が安いなど、様々な課題が見つかるはずです。


一方で、ホームページだけを分析しても足りないこともあります。
不動産業界などホームページだけでは売買が成立しない場合です。

不動産であれば、サイトから問い合わせをして実際に会って商談をする必要があるかと思います。
その場合では、サイトに人が集まっていて問い合わせも来ているのに商談が成立しないということも起こり得ます。
そういう時はお客様に連絡する時間が良くなかったり、営業の仕方に問題があるかもしれません。

当たり前のことを話しているように聞こえてしまうかもしれませんが、自分では課題に気づきにくいものです。
せっかく無料のツールがありますので、まずは数値的に課題を探り、課題が見つかったら改善案を試してみることがおすすめです。


迅速に問題を解決したい時には
経験の豊富なプロにご相談を!

「Google アナリティクス」などの解析ツールがある現在、プロだからこそできることは意外と少ないかもしれないと私は感じています。
もし違いがあるとするならば、それは経験です。

先ほど不動産会社のお話をしましたが、サイトが悪くない、問い合わせも入っている、なのに売り上げに繋がらない。
そういうシチュエーションがあった時、次にどこに問題がありそうか経験から判断できるのがプロの強みだと感じています。

例えば、問い合わせから商談に達する率と、商談から成約に繋がる率を測ってみていただくことを提案。
問い合わせから商談に繋がる率が悪いなら、問い合わせがあってからのメールや電話の仕方を見直してみませんかとお伝えしてみたり、商談から成約に繋がる率が低いなら営業マニュアルの見直しを図ったりします。様々な案件を経験しているため、プロはこの流れがスムーズに思い浮かぶのです。

弊社は社員のほぼ全員がウェブ解析士の資格を有し、うち3名は最上位のマスター資格を有しています。
新しいことをどんどん学ぶ社風で、学んだことをアウトプットする機会も多いため、様々な提案をすることが可能です。

もし解析に行き詰まった際は、ぜひお声がけいただけましたら幸いです。

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す