BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#官公庁

#グルメサイト

#企業広報

#ビジネス

#アウトソース

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

まだレンタルサーバー使ってるの?AWSへの移行で年間350万浮く可能性も。

株式会社リアルインベント 編集部

株式会社リアルインベント


株式会社リアルインベント 編集部です。
今回は、クラウドコンピューティングサービスを活用して、大幅に費用を削減できた事例を紹介させていただきます。

まず、クラウドコンピューティングサービスについてあまりご存じない方に、簡単に説明しましょう。
PCには、OS(基本ソフト)のほか、さまざまなアプリケーションや、データを保存するためのストレージ(ハードディスクなど)が内蔵されています。そして、PC単体で処理しきれないデータを扱う企業では、大型コンピュータを設置します。このように自社内(データセンターなど別の建物を含め)でリソースを管理する方法を「オンプレミス」と呼びます。

ですが、中小企業でこれを行なうのは、経費の面で無理があります。そこで利用されているのが「レンタル(共用)サーバー」というもの。プロバイダなどが設置する「サーバー」と呼ばれる大型コンピュータが、大容量のデータを保有したり、社内のPCなどからの指示に従って処理を行なったりしてくれます。「レンタル」の言葉からわかるように、一般的には「月にいくら」というサーバー使用料を支払うことで利用できます。

近年、主流になりつつあるクラウドコンピューティングサービスは、インターネットを経由したレンタルサーバーの一形態です。
これにはさまざまな利点がありますが、そのひとつが、処理するデータ量の増減に対応しやすいこと。
レンタルサーバーでは、複数のユーザーがひとつのサーバーを共有するため、たとえ処理するデータ量が少なくても、まとまった使用料を支払わなければなりません。また、アクセス数が急増してサーバーの処理能力などを超えたときにサーバーがダウンする危険性もあります。
対してクラウドコンピューティングサービスでは、サーバーを仮想的に複数つくることができることから、処理するデータ量が少なければ使用料も低くなり、逆に多くなったときの増設も簡単に行えます。


●実質的な差は使用料に表れる!

ご紹介する事例は、スマートフォンアプリの制作(アンドロイド版からiPhone版の追加作成)と、インフラ構築です。弊社は、社員の多くがインフラ系の業務を得意としていることから、主にインフラ構築を担当しました。

お客様はこれまでレンタルサーバーを使用しており、その使用料金は保守・運用費と合わせて50万円/月ほどでした。スマートフォンアプリはアクセス数が一定ではなく、データを処理する量が少ないときには、この費用のかなりの部分が無駄になってしまいます。
そこでご提案したのが、クラウドコンピューティングサービスのひとつである「AWS(アマゾンウェブサービス)」への移行です。「AWS」は、使用するデータ量やサービスに応じて料金が決まる従量課金制で、アプリへのアクセス数が少なければ少ないなりの料金を支払えば済むのが、ひとつのメリットです。

この事例で、具体的にどれくらいの使用料になったかというと、わずか10万円/月です。その他、弊社のシステム構築費用として請求したのはおよそ10万円。そして弊社で運営・保守を行なう場合の費用として、10万円/月程度の見積もりを出しました。
つまり、これまでレンタルサーバーに支払っていた1カ月分の金額で、システム構築の費用までまかなえ、その後は(運営・保守費用を支払っても)30万円/月程度の経費節減になったのです。また、先述の通り、アプリへのアクセス数が増えたときにサーバー(メモリ、CPUなど)を増設することも、クラウドコンピューティングサービスなら簡単です。

近年は、大企業もオンプレミスやレンタルサーバーからクラウドコンピューティングサービスへと積極的に移行を進めているのが実情です。短所といわれていたセキュリティ面も、一部の企業(高いセキュリティが求められる証券系や銀行系)以外にとっては心配するに当たらないレベルまで強化されています。

自社のサーバーをクラウドコンピューティングサービスへ移行することを考えてらっしゃる方は、システム構築の経験が豊富な弊社に、ぜひ一度ご相談ください。

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す