BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#カタログ

#経営

#暗号化

#サーバー

#改ざん

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

【新卒採用の小話 vol.1】説明会で意識すべきことは?

  • 2017/03/14
  • ビジネス
  • 355view


新卒採用の広報が解禁!

3月1日から新卒採用の広報が解禁となり、本格的に新卒採用シーズンが幕を開けました。
人事の皆様は、説明会で全国各地を飛び回り、一日中学生の応対に追われ忙しい日々を送っていることと思います。
また、人事を先方窓口として仕事をされる営業や制作の皆様も、なかなかアポイントがもらえない時期かと思います。

この時期、人事の方から説明会のコンテンツや工夫すべき点などを聞かれる方も多いのではないでしょうか。
しれっと役立つ知識を披露して今後の取引につなげたい方、経験が浅い人事の方向けに、最低限気をつけるべきことをお伝えします。


学生は説明会では第一志望を決めない

当たり前の話ではありますが、まずは説明会の目的をきちんと把握することが大切です。
多くの場合、学生はまだこの時期は企業研究も十分ではないことが多いです。
そのため、説明会でどんな会社か肌身で感じようと思って来場してきます。

ここで学生が判断するのは、選択肢としてアリかナシか。
それはそうだろと思う方もいるかと思いますが、ここが大事なポイントです。
学生は説明会だけで志望順位まで決めることは、ほぼありません。
人生を左右する大きな決断であるため、できる限り多くの情報を集めた上で判断したいというのが本音。
今後、OB訪問や同業他社との比較をした上で優先順位を決定していきます。
そう考えると、説明会の目的は自ずと明らかになってきます。


説明会の目的は、学生の選択肢に残ること

つまり、この後もこの企業の情報を集めようと思わせること。
選択肢としてアリだと思ってもらうことが重要です。
他社との差別化を意識しすぎて必要な情報が届けられなかったということにならないよう、選択肢に残ることを目的とするべきです。

では、そのためにどんな説明会にすればいいか。
ズバリ、「事業・社員・社風」を自社の言葉で語ることです。


合同説明会か、自社説明会か

「事業・社員・社風」を語る上で、具体的な内容に言及するためには、合同説明会と自社説明会を区別する必要があります。
なぜなら、来場者の心理が全く違うからです。

では、それぞれどのような思いで学生は説明会に来るのでしょうか。
vol.2以降でお話しできればと思います。



業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム