BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#要件定義

#サイト分析

#日本文化

#再生数UP

#データベースエンジニア

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

たくさんの引き出しをもつこと

みなさん、こんにちは!

大阪府豊中市にて、ブランディングを主事業としているさつきデザイン事務所です。


美容関係のメーカー様の名刺を作成いたしました。

 

今回は、プライクという紙を使用しました。

コルデノンス(イタリア)のメーカさんの紙で、ぬめり感のある、しっとりとした独特の触感で、マット中のマットです。

 

プラスチック ライク・・を、略して、プライクなんですって。

 

黒や赤や紺の色味もあり、それはそれで、かっこいい色合いに仕上がっている紙です。

でも今回は、ロゴが赤なので、それが栄える白を使いました。

 

そこに、箔押しをすることに。

「W」のこの細い線の箔押しは、とても難しいので・・安全を考慮して、最終的にすこーしだけ太くしました。

ロゴデザインを触るのは抵抗があったのですが、やむを得ず。

お客様は「太くしたの?わからないね~」と仰るくらいの程度で変更しました。

 

そして、ギリギリを攻めたので、メタリック箔に。

最初は顔料箔で行くと決めていたのですが、プライクはこすれに弱い。

さらに、顔料箔は細い線を表現する際、かすれる可能性があり・・・。

 

でも、どうでしょう。

仕上がりは、メタリック箔でよかったと思います。

 

美容関係のメーカさんなので、これくらいキラキラしているほうが良いと思いました。

マットな紙に、光沢感のある箔。

このギャップもまた、いい感じです。

 

 

 

世の中には、紙は山のように存在します。

白い紙も山のようにあって、一見、どれでも一緒だろ?と思うかもしれません。

でも、印刷のノリや、その紙の質感などで、まったく印象が異なるのです。

 

いい紙を手にしたとき、無意識の中で、人は、いいね!と思っているはずです。

でもそれを論理的には解釈していないから、問われると、紙なんてみんな一緒だろ・・という結論に至ります。

 

 

そして、箔押し屋さんも、たくさんあるのですが、どの会社も高い。

その中で、品質と価格、そしてサービスが安定している先を知っておかねばなりません。

箔押し屋さんにも、得意不得意がありますしね。

 

その都度、だれにお願いしたら、今回の範囲で一番良いものが仕上がるか見極めが大事です。

今回は、福井県にある箔押し屋さんにお願いしました。

ひとつひとつ職人さんが、箔を押してくれて、それはそれは丁寧な仕上がりでした。

 

 

そういう引き出しをたくさん持つことが、私のような職種は大事です。

どれだけ情報を持っているか。

何と何を組み合わせれば、効果を最大限に発揮できるか。

 

たくさんの引き出しの中から、これだ!というものを組み合わせて、制作します。

日々進化していく技術や情報もキャッチして、引き出しの数を増やしていくのです。

 

名刺の制作をご希望の方は、ご依頼ください♡

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す