BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#情報セキュリティ事故

#医療

#委託

#チームビルディング

#ダイバーシティ

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

【コンサル視点で制作する②】サイト運営で考えるべきこと

大流行のオウンドメディア、始める前に考えること

プロモーションやマーケティングの会議において、今やオウンドメディアという言葉を聞かない日はないと言っても過言ではありません。ただし、その成否はコンテンツをうまく調達できるかどうかが鍵になります。「とりあえず立ち上げよう」「とりあえずどんな記事でもいいから」では話にならないです。運営目的をはっきりさせつつ、いかに良質な記事を集めるか、その際のコストをいかに確保するか。このあたりが明確にならないのなら、うかつに手を出すべきではありません。
オウンドメディアがもたらす自社のメリットが大きく、記事や動画などのコンテンツの制作の目処も立つ。ならば、次に考えるのは、「いかに運営するか」です。

10数年前のコンテンツ量産プロジェクトに参画

10年ほど前、今とよく似た現象がありました。ポータルサイトの流行です。弊社も当時、とある大手出版社が手がけるポータルサイトプロジェクトに参画することになりました。プロジェクトのための部署が立ち上がったのですが、総勢約200人。そのうち、社員の方は2割ほどで、あとは外部の人たちでした。

このプロジェクトにおける弊社の役割は「運営と制作」でした。なぜ制作会社である弊社が運営に携わったのかというと、大学時代からの友人がこの出版社と深く関わっておりまして、ちょっと手伝ってくれないかと声がかかったからです。当時はまだデジタルビジネスが始まったばかりの頃で、社員のみなさんはウェブに対する知識を充分に持てているとは言えませんでした。


生産性を高めるために、進捗状況の「見える化」に取り組む

私たちがまず取りかかったのは、組織図を作ることでした。どういうコンテンツを揃えたいかを話し合い、小説のグループ、漫画のグループというふうに組織化していきました。ウェブ課金制度のグループも作りましたし、出版社ですからコンテンツを紙媒体に落とし込みたい要望もあり、そのためのグループも用意しました。各グループには編集長を設けて、それは外部の編集者にお任せしました。社員の方々には、さらにその上位の決定権を持つポストに就いていただきました。

運営上、最も重要だったのは「制作フローを見える化した」ことです。グループごとに部会を開き、企画の進捗状況を報告してもらって、それらをデジタルの表にまとめていきました。誰でもその表にアクセスすれば、企画が順調か、遅れが生じているか、問題が起こっているかが一目でわかります。


また、誰もが表を使いこなせるようにと弊社と友人が講師を務め、勉強会を開きました。制作スタッフ全員、時間に追われながらの作業になることがわかっていましたから、なるべくスタッフへの問い合わせの電話の回数を減らす方法はないかと考え、辿り着いたのが「表の活用」だったのです。ポータルサイトがなんとか無事オープンにこぎつけた時は、心底ホッとしましたね。


コンテンツをよりおもしろく、そのおもしろさを増幅するデザインに

 制作会社としてがんばったのは、コンテンツの質を上げること、そしてコンテンツの持ち味を生かすデザインを考えることでした。



 ライター、編集者はたくさんいらっしゃったので、記事に関しては心配ありませんでした。ただ、どうにか著名な方、おもしろい方を起用できないかと模索はしました。当時、ブログツールの新顔としてWordPressが出始めた頃で、それまでのMovable TypeMT)よりもコストを抑えられるので、WordPressを採用した分、執筆料を少し上げたりもしました。おかげで、女流棋士の方やアダルト業界に関わってらっしゃるご夫婦など、エッジの効いた人選ができたと思います。



 本業では、まずサイトのロゴを制作しました。それから、記事を収めるページのデザインも手がけました。記事はWordPressのテンプレートを使うので、ヘッダや背景などがデザインの対象になります。かなりアクの強い方々に記事を書いてもらっているので、そのアクを抑えるのではなく、限界までデフォルメすることを考えました。ヘッダがやたら凝っていると、ライターの方が喜んでくれるんです。



 ポータルサイトプロジェクトの経験は、記事主体のオウンドメディアだけでなく、いろいろなケースで活かせると思います。たとえば、弊社は今後、雑誌・アニメ・映像のすべてを使ったクロスメディアを立ち上げられないかと考えています。そのために必要な新技術についても、ただいま勉強中です。賛同してくださる企業の方々、ぜひご連絡ください。



 



業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す