2016/06/09 | CG | 648 view | 

ラーメン屋で例えてみる、3DCG屋が陥りがちな罠(1)


ラーメン屋で例えてみる、3DCG屋が陥りがちな罠(1)

これから、3DCGという職業で陥りがちな罠を「ラーメン屋」さんに例えて説明していきたいと思います。

ラーメン屋さんは出す味が基本的に決まっていて、お客様はある程度味の予想がついています。またどんな味でも普通はそのまま食べてもらえて、リピーターの数で評価が明確に出そうです。

しかし3DCG屋さんは基本は一緒ですが、ちょっとだけ様子が違います。
お客様がラーメンを実際に食べてみると、「あれ、こんな醤油ラーメンじゃなくて、味噌ラーメンが食べたかったんだよ」とか、「もっとしょっぱく」とか「このチャーシュー薄いから厚くして」とか言われるような状況に良く陥ります。修正が入るわけです。ラーメン作り直しか、味の修正です。細かい修正が入ります。客はラーメン(3DCG)をよくわかってないかも知れないのにです!

そこでCG屋は「じゃ味噌入れます」とか「チャーシュー増やします」みたいなことになるわけですが、そこで良いCG屋と悪いCG屋の差が出ます。

良いCG屋と悪いCG屋

悪いCG屋さんは、言われたことをそのままやります。味噌増やしたいと言われれば味噌を増やし、チャーシューが少ないと言われればチャーシューをただ増やす。

良いCG屋さんは、まず言われたことはもちろんやるスタンスですが、本当にそれがお客様の満足いくものになるのか検討し、味見をします。そして量の調整や試行錯誤、時には味噌だけでなく、とんこつ風味も食べさせてみたりするのです。

悪いCG屋さんは、CGデザイナーじゃありません。言われたことをやるだけの、ただのCGオペレーターに成り下がっています。だからまずいラーメンでも平気で出します。そしてお客様は満足もされず、その店には二度と足を運ばないでしょう。

良いCG屋さんはちゃんとCGデザイナーですから、「良い」「カッコいい」映像とはなんなのかをしっかり理解しています。そこがポイントです。注文を理解し、満足していただける映像を仕上げる事に全力を尽くし、時には逆提案もします。最終的には満足して帰っていただけ、リピーターになってもらえるでしょう。

最終的には「うまいラーメン」になっていなければ、ダメですよね。

「オペレータに成り下がってしまう事」は3DCG屋が陥りがちな罠の一つなのです。

コメントを入力する

晝間 克治

晝間 克治

フォロワー:

(※画像は恐ろしげですが、これは15年前ほどに自作した3DCGです。自画像ではありません。実際はただのおっさんです。)

高校時代に3DCGに憧れ、夢だったCGを生業としてから、かなりの年月が経ちました。走り続け、ベテランと呼ばれる歳になった今でも、映像・仕事に対する思い入れの強さは変えるつもりはありません。Z-FLAGを掲げ「背水の陣」の気持ちで挑み続けます。
略歴
千葉大学工業意匠学科/日本電子専門学校コンピュータ・グラフィックス科をダブル・スクールで学ぶ
1990年(株)ポリゴン・ピクチュアズ入社
In search of Axisシリーズ
 「DANCING ALPHABET」
 「Michael the Dinosaur」
 資生堂HGスーパーハードムース「ペンギン篇」等に参加
1996年 ポリゴン・ピクチュアズを退社、フリーランスとして活動開始
 (株)アトラス PS2用ゲーム「ファイナルラウンド」CGムービーディレクション
 富士急ハイランドアトラクション「ガンダム・ザ・ライド」CG映像制作
 (株)OLMデジタル 劇場版「ポケットモンスター」CG映像制作
 フジテレビ F1 2002 オープニングCG 制作 フェラーリ担当
2002年 千代田区神田に「Z-FLAG CG TEAM」旗揚げ プロダクションとして活動開始
 GAGA-HUMAX タイトル
 TVシリーズ「SDガンダムフォース」
 TVシリーズ「ゾイドジェネシス」
愛知博 三井東芝館展示映像「グランオディッセイ」

2005年 (有)Z-FLAG設立 
 映画「SHINOBI」
 映画「オシャレ魔女ラブ&ベリー しあわせのまほう」テクニカルディレクション
2009年
 映画「ホッタラケの島」コンポジット
 映画「カムイ外伝」CG,VFX
他 ゲームムービー、CM、Web用ムービー等、多数
       
1999~2002年 筑波技術短期大学 デザイン学科 非常勤講師
「MAYA4パワー・クリエイターズ・ガイド」アスペクト 執筆
「MAYA4.5パワー・クリエイターズ・ガイド」アスペクト 執筆
雑誌CGWorld等の記事執筆多数

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年11月号
  • 2017年10月号
  • 2017年09月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読