2017/02/21 | ビジネス | 207 view | 

【働き方改革 第2回】誰に対しても真摯に


真摯であるとは、真面目で誠実であること、相手の気持ちを考えて行動することです。経営学者ピーター・F・ドラッカーも、「Integrity(高潔,誠実,清廉)」という言葉を使って真摯さの重要性を説いています。


ビジネスで関わりを持つ人々、主に①顧客、②取引先、③同僚、そして④自分に対しても真摯でなければなりません。


お客様に対しては、どうすればお客様に最高の商品やサービスを提供できるかを常に考え、お客様の満足を得るために必要なあらゆる行動を取りましょう。


取引先に対しては、自社の主張を一方的に押し付けるのではなく、相手の要望にもしっかりと耳を傾け、相手の課題は自社の課題だという気持ちで力を併せて課題解決に取り組みましょう。


共に仕事をする同僚に対しては、好き嫌いに関わらずビジネスを円滑に進めていくために必要な協力は行い、部下や上司の発言を真正面から受け止めましょう。


自分に対しては、傲慢さを排除し、自分に嘘をつかない姿勢を貫きます。自分の考えがいつも正しいわけではないこと、自分の意見が絶対ではないということを認識しましょう。

コメントを入力する

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年09月号
  • 2017年08月号
  • 2017年07月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読