クリエイティブ経済誌 BUSINESS TIMELINE
Vol.14
CREATOR
2016.08.29
facebook hatenabookmark

不可能への挑戦が成功の鍵

佐々木 隆将(Takayuki Sasaki)
トウキョウインスティチュート株式会社 代表取締役/イベントプロデューサー
University of the Arts London(LCCグラフィック)卒業後日本に帰国しデザイン業、コンサルディング業の職に就き、2015年2月にトウキョウインスティチュート株式会社を設立。現在はクリエイティブディレクターとして日本のデザインやアートのさらなる飛躍に貢献できるよう日々奮闘している。


一つのプロジェクトが1年も前から始動する事もある展示会のブース製作。細かくスケジューリングされ緻密に練られた計画の中で、些細な変更は大きな影響を与える。「デザインが固まってきた段階で、設計上必要となる部分を無くして欲しいと頼まれることもあります。その際、実寸大で模型を作って本当に出来ないかどうか実験してみるんです。その結果、意外と出来てしまうことが多いんですよね。実験することで新たな発見がある。科学とアートは似ていると言いますが、その通りだと感じていて、不可能と言われることでも常に挑戦しながら製作しています」要望を実現する為に、一見出来ないと思うような事でも実際に検証してみることで可能にしてしまう。その概念に囚われない何事もトライする姿勢が一番最適な空間を作り上げていくのだろう。

■トウキョウインスティチュート株式会社
http://www.nexgate.jp/company/tokyoinstitute/

\この記事をシェアする/
facebook hatenabookmark
heart12