BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#盆踊り

#character

#アップデート

#サービス

#再生数UP

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

今月のイケクリvol.26

  • 2017/08/17
  • CREATOR
  • 164view

岡崎 恭平/Director

大手人材派遣会社SI事業部にて官公庁系プロジェクトや小売業態基幹システムなどの開発を経験し、その後フリーランスとして飲食業態WEBサービスなどの開発を行う。この経験を生かし、新卒で入社した会社の同期である代表の小林と現在のVermudaを設立。





小売業態基幹システム開発や飲食業態のWEBサービス開発など多く手がけてきた岡崎氏から、システム開発の中で心がけていることや制作背景について話を伺った。

Q1.システム開発の中でも特に得意とされていることはなんですか?
私が最も得意としていることは、お客様の要件を正確に理解し仕様として落とし込むところです。そのためには現場に向かうのが一番だと思っております。たとえば飲食業態のプロジェクトに携わった際は、実際に店舗を利用させていただいたり、アルバイトの方や店長さんとお話をさせていただいたりしています。そうすることでお客様が望んでいる要件というものがより深く理解でき、こちらからも的確なご提案ができるのです。

Q2.ITに苦手意識をもたれているお客様に対しどのような取り組みをしていますか?
ITにあまり触れる機会のないお客様とお取引させていただく際に、お客様の社内にてIT勉強会を開催させて頂くことがございます。理由としては、仕様やその他システム寄りな説明をする際どうしてもITへの抵抗感や言葉の壁のようなものが出てきてしまうからです。お客様と私たちで一緒にサービスやシステムを作っていくため、抵抗感や言葉の壁を少しでも無くしITの面白さを知ってもらいたいと思い勉強会を開催させて頂いています。

Q3.開発にあたる際に大切にしていることは?
サービスの仕様を決める際にシステム開発の経験があまりないお客様の場合、IT用語を全て理解するのは難しいです。そのため、お客様の分かりやすい言葉で納得がいくまで説明し、一緒にサービスを作っていくという事を常に心がけています。たとえば、サーバやドメインという言葉にしてもサーバは土地、ドメインは住所という言葉に置き換え、「インターネット上でまずは土地を借りて住所を取得する」というようなご説明をすることもあります。

Q4.今後、挑戦していきたいことは?
今後は、現在開発中の自社サービスを世の中へアピールしていくと共に、ARやVR技術を利用したサービスの開発を行いたいと考えています。特にARやVRは今後市場がさらに拡大されていくと予想される中、BtoB、BtoCどちらのサービスとしてもまだまだ可能性を秘めていると思っています。何か面白いことを見つけてはまずはやってみるという気持ちで挑戦し続けていきたいです。


■合同会社Vermuda

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す