クリエイティブ経済誌 BUSINESS TIMELINE
Vol.5
カルチャー
2015.10.26

お腹スッキリ みぞれ風簡単おでん

栄養バランス抜群!!→腸内環境を整えるたべもの

みなさん先月はいかがでしたか?
食 欲の秋とも言われますので食べ過ぎの方も少なくはないのでしょうね。そして季節はもう間もなく冬になってしまいます。秋が過ぎていくのは寂しくもあります が食べ物が美味しくなっていく、僕が大好きな季節の変わり目でもあります。新米や秋鮭・いくら、それにお蕎麦も秋が旬なのですよ。今回は、旬の美味しいお 野菜で幸せの瞬間を少しでも多くの方にお届けできるよう、簡単&ヘルシーはもちろん! 食べ過ぎで胃腸がお疲れの皆様に「お腹スッキリみぞれ風簡単おでん」を紹介します。

早速、使用食材の紹介です。まずは〝大根〟。 メインシーズンは12月からですが、11月の大根も新ものとしてとても美味しく、大根の個性のひとつでもある〝ジアスターゼ〟がとてもおすすめです。これ はデンプンの消化酵素とも言われ、消化不良を解消し、整腸作用効果も高いとされています。大根は自然の胃腸薬というわけですね。また、焼き魚と食べるのは 発がん物質の解消や解毒作用も高いというところからなんですね。

続いてはグルコマンナンという食物繊維、そしてカルシウムも豊富なコンニャク。古くから「胃腸のほうき」とも言われるほど、身体の中をキレイにしてくれます。塩分排泄効果も高く、低カロリーなのも嬉しいところですね。

そして僕の大好物、春菊も 入れてしまいましょう! なぜそんなに好きかというと、春菊は本当にマルチな栄養素の持ち主だからです。美容効果や粘膜の強化、免疫力がアップするカロテン、抗酸化作用の高いビタ ミンB2,C,E、そしてカルシウムや鉄などが豊富に含まれます。また春菊の葉の色素は今注目の〝クロロフィル〟。これは、食物繊維の5000分の1の大 きさで、小腸絨毛の奥に蓄積したダイオキシン、残留農薬、有害金属(水銀、鉛)を取り除いてくれる現代には必要不可欠なデトックス効果が期待できます。他 にも、発がん防止、貧血改善、美顔効果にニキビ改善など、本当に万能な栄養素なのです。

今回は大根のビタミンCも損なわないように大根おろしで、疲労回復と代謝促進をサポートするビタミンB1が牛肉の8倍もある豚肉と一緒に。栄養バランス抜群で身体も温まる、お腹すっきりの簡単おでんをお勧めします。

oden.jpg【材料(2人分)】
 大根...1/3本(1/2を大根おろし、1/2をおでんに使用)
 こんにゃく...1丁
 椎茸...2個
 春菊...100g
 豚肉バラスライス...100g
 水...500g
 かつお節(だしパックなどでも可)...80g
 出汁用乾燥昆布...1枚
 <A>
 ∟醤油...大さじ3
 みりん...大さじ1
 料理酒...大さじ1
 ∟塩...少々

【作り方】
①1/2の大根をすり下ろし、絞り汁と大根おろしに分け、豚バラスライスを絞り汁につけておく。
②大根の残りを短冊切りにし、こんにゃくを適当に切り分け湯通しをし、椎茸は石付きと傘に切り分け4分割に縦切りする。春菊はよく洗い食べやすいサイズに切っておく。
③昆布、かつお節で出汁をとり、Aを入れ、大根とこんにゃくをおよそ10分ほど煮込む。
④味が沁みたところで豚肉、椎茸をいれ一煮立ちさせる。
⑤最後にアクをとり春菊を入れて、大根おろしを乗せれば完成。


【Point】
大根のジアスアターゼは、たんぱく質の消化酵素ともなるので、お肉がおろし汁で柔らかくなります。
大根は煮込む手間を省略するために短冊切りにしてみました。
今回の椎茸は生椎茸を使用しましたが、干し椎茸にすることで更に栄養価アップ!





IMG_5857.JPG

福王寺 輝明 氏(ふくおうじ てるあき)

1980年生まれ。 コールドプレスジュースブランド good juice 〜Terre Table〜 代表 俳優として活動すると共に数々の飲食店をプロデュースしていた経験を活かし、現在、「日本を元気に!」という目標のため、働く人たちへの"健康=ベストパ フォーマンス"を掲げ、食育の啓蒙活動中。

【 good juice 〜Terre Table〜 】
東京都渋谷区神南1-4-10 AHKAH village内
Tel:03-5784-0535/Web:goodjuice.jp