クリエイティブ経済誌 BUSINESS TIMELINE
Vol.43
PR
2018.12.14

日本の心、“ごはん”に新たなイノベーション 炭酸水でふっくら、ツヤツヤに炊き上がる秘密を解説!【SodaStream】

SodaStream

SodaStreamで炊いたお米

日本人の食生活に欠かせない米。米食は、はるか遡ると縄文時代には既に食べられていたという。もともと米は煮て食べられ、やがて蒸して食べられるようになり、中世には炊くという調理法へ変化した。特に日本の米が美味しい理由のひとつとして、その水の美しさと清らかさにある。米を作る源が水であるからだ。こうして日本人は、2,500年ほどの間、水を使って米を調理してきた。しかし、 その水に変わる新たな米の炊き方が、食マニアの間で注目を集めはじめている。それが炭酸水で炊く手法。炭酸水で炊くと、水で炊くよりもふっくら、ツヤツヤに仕上がる。その秘密は「炭酸」にあり、炭酸によって米が立ち上がり、均等に加熱されるためだと言われている。ふっくら炊き上がると食感にも変化が現れ、ご飯が甘く感じられ味の広がり方に違いが出る。また、冷めても硬くなりにくく、旨さが持続するのも特徴である。炭酸水というとわざわざ購入する必要があると、多くの人が認識しているだろう。しかし、自宅でいつでも新鮮な炭酸水を作れるのがエコロジー&エコノミーなソーダストリーム。お米と合わさることで新たなイノベーションが生まれる。いつもの炊飯時に、水を炭酸水に変えるだけで、新しいごはんとの出会いに感動することだろう。

作りたての強炭酸でいつものハイボールをグレードアップ

本物を追求するビジネスパーソンには、正統派スコッチウイスキー「オールドパー シルバー」と出来立て強炭酸水「ソーダストリーム」の最強コラボが楽しめる。

IT’S TIME FOR CHANGE

専用ボトルでペットボトル削減
脱マイクロプラスチック最新の動き

2017年、人体よりプラスチック成分が見つかったことから、「プラスチック元年」と言われた。マイクロプラスチック問題を、ライフスタイルとテクノロジーから解決するために立ち上がったのが、ソーダストリーム「プラスチックファイターズ」。脱マイクロプラスチックのリーディングメーカーとして、環境保護に力を入れる。

ソーダストリーム プラスチックファイターズ
関連リンク

ソーダストリーム公式サイト:http://www.sodastream.jp/