クリエイティブ経済誌 BUSINESS TIMELINE
Vol.27
特集
2017.08.17

「AI」が人間知能を牽引する

AI特集
スプツニ子!

AI特集

part1
現代アーティスト/スプツニ子!
#01 AI開発者が気づくべきアルゴリズム
#02 スプツニ子!流デザインのポリシー
#03 スペキュラティブデザインで未来を創造する

part2
世界を代表するAIクリエイション
Zinrai × Watson Moderator Kaname Hayashi

#01 「AIに任せる範囲」で倫理観を考える
#02 AIはどこがイノベーションポイントになる?
#03 量子コンピュータと「能力を限定化」したスモールコンピュータ
#04 2020年スポーツ×先端テクノロジーな世界



Introduction
「インターネット」と言われるテクノロジーが一般的に普及して20数年、今、新たなパラダイムシフトが起きようとしている。インターネットの普及から、スマートフォンの登場、それに続くようにIoT時代へ入り、今は「AI」がテクノロジーを先導する流れにある。AIがこれまでのテクノロジーと違うポイントは、「人が介在しなくてもAIの判断によって最適な回答を出せるか」。それは、より人間の意識に基づく  「アルゴリズム」として確立しようとしていること。蓄積された過去のデータ分析だけでは解けない最適な解をどのように導くのか。  これは人類が挑戦する新しいテクノロジーの在り方でもある。今回のBTLでは、「AI」というテクノロジーがもたらす今と少し先の未来を予測しながら、現実のものとしてどのように実現され、それをどのように受け入れていくべきなのかを専門家へ問いてみることにした。

Profile

AI特集
スプツニ子!
スプツニ子!
テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた映像、音楽、写真、パフォーマンス作品を制作。最近の主な展覧会に、「第3回瀬戸内国際芸術祭」(ベネッセ アートサイト常設作品2016)など。2013年よりマサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ 助教に就任し Design Fiction 研究室を創設。2016年第11回「ロレアル- ユネスコ女性科学者日本特別賞」受賞。2016年4月~NHK「スーパープレゼンテーション」のMCを務める。著書「はみだす力」(宝島社)。