クリエイティブ経済誌 BUSINESS TIMELINE
Vol.27
特集
2017.09.15

part1 01 AI開発者が気づくべきアルゴリズム

AI特集
スプツニ子!

part1 01
AI開発者が気づくべきアルゴリズム


AIがもたらす価値観の変化に問題意識を持つ

現在、スプツニ子!はアメリカと日本を半分ずつ行き来する。どちらの国のアート、科学、さらにはテクノロジーも見るアーティストとして、国による感性の違いがAIやロボットに対してもあると言う。
スプツニ子!「先日、『AIBO(アイボ)』のお葬式をニュースでやっていましたが、日本人はロボットにスピリットを見出すように感じます。AIやロボットに愛着を持って接することに対してハードルが低いというのが、アメリカとの一番明らかな違いかな」
生活の中で実際にAIの活用が進むなか、世の中における人間としてのAIとの向き合い方を、スプツニ子!はこのように話す。
スプツニ子!「いずれAIが下す判断が、あまりに高度すぎて人間にはその理由が分からない事態が頻繁に起きると思います。昔で言う、巫女や神様からのお告げを聞く人と似ている気がするのですが、近い将来『何故か分からないけれどAIが言うから正しいのだろう』と自然に思うようになるんでしょうね。AIの台頭で私たちの価値観は加速的に変化していきますが、そうした変化によって生まれる新しい世界が、社会的弱者を含め様々な人にとって幸福な世界になるのか、開発側が問題意識を持つことは大事だと思います」


AIは偏見やステレオタイプを増強させることもある

具体的なAIの活用事例から、AIの答えが必ずしも人間にとっての最適解にならない場合もあることに気づき、解決する手法を見出す必要があると言う。
スプツニ子!「ある接客ロボットのイメージムービーを見せてもらった事があるんですが、そのロボットには顧客の顔認識をしてオススメの金融商品を提案するAIが搭載されていました。だけど、そのムービーの中で『男性にはリスクを取る投資信託を、女性はリスク回避の傾向があるので国債を勧めます!』という宣伝文句が出てきて(笑)、おそらくそのAIは顧客の性別や年齢からベストな商品を提案するようなアルゴリズムになっていたと思うんです。例えば日本女性の過去数十年のデータを見ると男性より年収や社会的地位が低かったりするので、そのデータをもとにAIが現代にそぐわない提案をしてしまう危険があります。すなわち、開発側がその部分も意識して、AIのアルゴリズムを組まないと、AIによる差別や社会格差の固定化がされてしまいかねないんです」


世界的にAIの「倫理観」議論は熱い!

AIは、過去データだけで判断すると不足が生じてしまう。より多くの人を幸せにできる未来づくりには、「AIの倫理観」を考える必要がある。
スプツニ子!「MIT(マサチューセッツ工科大)メディアラボの同僚イヤッド・ラーワンが、自動運転車に搭載するAIの倫理について、面白い研究をしています。例えば、自動運転で事故が起きそうになった時、複数の歩行者を助けて自分がクラッシュするか、逆に複数の歩行者を犠牲にして自分が助かるか、どちらを選ぶかという問題で、アンケートでは76%がより多くの人が助かるAIを選択。でも実際に自分を犠牲にするクルマを買うと答えた人は19%。AIを進化させるということは、こうした事態の時にどういった倫理で自動運転のハンドルを切るAIを搭載するか、責任をもって考えていくことでもあると思います」

Profile

AI特集
スプツニ子!
スプツニ子!
テクノロジーによって変化していく人間の在り方や社会を反映させた映像、音楽、写真、パフォーマンス作品を制作。最近の主な展覧会に、「第3回瀬戸内国際芸術祭」(ベネッセ アートサイト常設作品2016)など。2013年よりマサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ 助教に就任し Design Fiction 研究室を創設。2016年第11回「ロレアル- ユネスコ女性科学者日本特別賞」受賞。2016年4月~NHK「スーパープレゼンテーション」のMCを務める。著書「はみだす力」(宝島社)。