クリエイティブ経済誌 BUSINESS TIMELINE
Vol.34
特集
2018.04.13

SNSへの仕事愛

仕事に愛をもって接することが突破力を生む
Chocomoo


SNSへの仕事愛
仕事の依頼はSNSからが多い。さらに、Chocomooは自身の発信 を積極的にSNSで行うことで、SNSと上手に付き合っている世代を中心に人気が広がっている。昨年手掛けたInstagramのキャンペーンもSNSより依頼があったという。
Chocomoo「SNSって簡単に人を傷つけることもできる。そうならないように、ちょっとした思いやりをメッセージにしましょうというキャンペーンのお仕事でした。上の世代の方々からしたら、SNSでお仕事の依頼が来るなんて想像できないかもしれません。でも、私たちにとっては今では自然なことで、そういったSNS上のマナーのトークショーもInstagramさんとやらせていただきました」
これらは、Chocomooのイラストから感じられるLOVEという暖かいテーマに共感しての依頼だったといえる。同キャンペーンでは青山にChocomooが描いたウォールアートが展示され、そしてSNSで拡散された。(※1)

イラストを描くプロとしての仕事愛
Chocomooのイラストは黒いマジックだけで制作されていることが特徴だ。
Chocomoo「絵のテイストはずっと同じです。頭のなかに浮かぶ元々の絵は色がなくて、多分、昔、書道をずっとやってた影響と、モノクロ時代のアナログな世界観が好きなことも理由だと思います。ちょっと物足りないこととか、見た人が続きを想像するような世界観がありそうなところがすごく好きで。今も制作の合間にリフレッシュをかねて書道することもあるんです」
白と黒のモノクロで描かれているが、決してさみしさ、物足りなさを感じさせない、元気でPOPなChocomooの作品。では、どうしてもアイデアが浮かばないなどのスランプにはどのように対処しているのか。
Chocomoo「イラストを描くことが大変だと思ったことはありません。難しいテーマならば逆に自分にとってチャレンジだと思うし、新しい発見にもなるのでラッキーだなと思います。どうしても煮詰まってしまったときはとりあえず寝ます!寝るのがリフレッシュになるんです」
多くの人が仕事だと身構えて、行っている営業、下調べ、雑務、会計処理、経費精算、トラブル・クレームの処理、取引先との駆   け引き、短納期の依頼などをChocomooはプロとして、楽しみながら誠実に行っている。

Profile

仕事に愛をもって接することが突破力を生む
Chocomoo
Chocomoo
京都出身イラストレーター。POPで独創的な作品を全てモノトーンで 描くのが特徴。日本をはじめ海外のアパレルブランドや企業とのコラボレーション、様々なアーティストへのART提供をしている。また国内外でのART SHOWにも参加する等、幅広いシーンで活動中。 http://chocomoo.blogspot.jp