クリエイティブ経済誌 BUSINESS TIMELINE
Vol.39
特集
2018.09.14

02.様々なジャンルの経験が歌舞伎の可能性を広げる

ヒーローへの憧れがモチベーションを高める
尾上松也

伝統芸能の歌舞伎を継承していくということ

歌舞伎、ミュージカル、ドラマ、声優と幅広く活動をしている松也は、どのような考えを持って歌舞伎以外の様々な活動を行うのか。そして、それぞれの演じ方の違いなどはあるのだろうか。

松也歌舞伎は、伝統芸能と言われていますが、それはこれまでもこれからも『継承する』ということで、少しずつ積み上げていかなければいけないと考えています。先人が未知の可能性を広げてくださったことで今があると思っています。今、自分も歌舞伎以外のジャンルで色々と経験させていただいておりますが、そこで培った経験も含めて結果的に歌舞伎の可能性を広げられたら良いなと思っております。例えば、大きなリアクションで表現するという意味では、声優はとても舞台に近いんです。そういった意味では、歌舞伎は物事を大げさに表現しますので通ずるものがあります。逆に視覚的に小さな額の中で表現するドラマなどの映像では、普段の喋り方に近いです。ですが、基本的に演じるという意味では、何を演じていても一緒でして、表現をする方法がちょっと違うという感じです。そのなかでも、劇団☆新感線の作品はとても身近に感じます。普段のミュージカルですと、ジャンルに沿って違和感のないように意識しており、歌舞伎の要素は無くすようにしています。ドラマでもそうですね。ですが、強みと感じることは、歌舞伎で培ってきた経験を効果的に使えるときは使っていこうと考えられる引き出しが、一つあることかなと思います」

尾上松也|様々なジャンルの経験が歌舞伎の可能性を広げる

求めるものがわからない方が面白いものができる

では、数多くの舞台に立っているからこそ見える、観客側から求められていることへの意識はどのあたりを向いているのか。

松也お客様が求めているものが分かってしまったら、面白くないのではと思うことがあります。それは三者三様だと思いますので、何を求められているかというよりも、演じる側が何を表現して何を見ていただきたいのか?それをお客様がどう感じるのか?ということが大事なのではないかと思います。そこに、苦しくても面白さがあるのではないかと思っています。一番大事だと思うのは、謙虚でいられるかどうかだと思っています。常にアンテナを張っていないとドツボにはまって抜け出せなくなります。計画通りにいかないことはよくありますが、毎回気づかされることは多いですね。なるべく冷静に自分を見られるようにしておくことが大事だと思っています」

ずっと変わらない自分の中の「ヒーロー像」

一門を背負う歌舞伎俳優である松也が、多様化された現代の働き方について、自分の行動と照らし合わせながら、目標を定めることの大切さとステップアップの方法について次のように答えてくれた。

松也「僕は、目の前に歌舞伎という演劇があり、それが必然的に好きだったこともありまして、歌舞伎をやるということに迷うことはありませんでした。ですが、今の世の中は色々なことが多様化してきていますので、何をして良いか悩んでいる方は多いように思います。同年代でも年下の方たちでも、今の時代だからこそ悩んでいる方は多くいます。僕は『一つのことにとらわれることはない』と思っています。最終的に何をしたいか?という答えは見つけておけると強いのかもしれないですが、僕自身、若い頃は『主役をやりたい』というとても単純な動機で、それを達成するために一つひとつクリアしていく。そうすることで自然と次の目標が生まれてくるという経験から、何か自分の中で動機があることがモチベーションを高めていけるのではないかなと思います。自分としては小さい頃からのヒーロー像は変わっていなくて、歌舞伎、野球選手、仮面ライダーというヒーロー的な存在は持ち続けています。お仕事としてなにかを成功させたいとなると、自分のなかで目標を立て、どんなことがあってもやり遂げる気持ちが大事なのではないかと思っております」

ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 Produced by TBS

公演日程: 【disc2】 2018 年 9 月 15 日(土)~ 10 月 25 日(木)
会場 :IHI ステージアラウンド東京(東京都江東区豊洲 6-4-25)
作: 宮藤官九郎
演出: いのうえひでのり
出演:【disc2】 尾上松也 大原櫻子/原 嘉孝(ジャニーズ Jr.) 浅利陽介/高田聖子 河野まさと 村木よし子/岡本健一/木場勝己 他
公式サイト:新感線☆RS 『メタルマクベス』 disc2 公式サイト

New! ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 Produced by TBS

公演日程: 【disc3】 2018 年 11 月 9 日(金)~ 12 月 31 日(月)
会場 :IHIステージアラウンド東京
公式サイト:新感線☆RS 『メタルマクベス』 disc3 公式サイト

Profile

ヒーローへの憧れがモチベーションを高める
尾上松也
尾上松也
1985年1月30日東京生まれ。六代目尾上松助の長男。1990年5月歌舞伎座『伽羅先代萩』の鶴千代で二代目尾上松也を名のり初舞台。2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、『仮名手本忠臣蔵』早野勘平、『義経千本桜』狐忠信、『棒しばり』次郎冠者、『双蝶々曲輪日記 角力場』放駒長吉、『義経 千本桜 吉野山』佐藤忠信実は源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009年から歌舞伎自主公演「挑む」を主宰し、年一回のペースで継続中。歌舞伎の他にも、ミュージカル 「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、2017年はディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「木ドラ25さぼリーマン甘太朗」などに出演。多方面に活躍の場を広げている。