BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#ピクトグラム

#チャット

#外資系

#サイト集客

#商品

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

Ⅱ. 食品広告デザインにリアルをプラスする

  • 2015/07/30
  • TIEUP
  • 102view

食品広告は、「美味しいイメージ」 が出来ることが大切だ。美食天国である日本のクリエイターが創りだすリアルを追求したクリエイティブは、ちょっとした発想とアイデアで とても斬新な仕上がりになる。今回、幅広い日本の食文化だからこそ生み出される革新のデザインを集めてみた。リアル・おいしさを大事にする日本人 の心を食文化の歴史とともに紐解く。



昔ながらの、食の流行を伝える "食品サンプル" というリアル

TV、インターネットが日本にはまだ無い大正末期から昭和初期、腐らない食品サンプルが開発された。それは、百貨店の食堂へ置かれたこと で流行が生まれ、食品サンプルは日本中へと広がったと言われている。当時、今のように欲しい情報をすぐに手に入れることは難しかった。そんな 時、食品サンプルが「東京ではこんな料理が流行っているようだ」と流行を伝えるひとつのツールとなっていたという話もある。そして、時代の移り 変わりとともに、食品サンプルの役割は、「料理見本」「料理模型」という単純なものから、料理や食品の美味しさを伝える販促ツールとしての役割へ変化し ていく。そして2015年、美味しさを伝えることや流行を伝えていく手段はいくつも増え、その手段に合わせたクリエイティブがどんどん創られる世 の中となってきた。よりリアル感で伝える美味しさとは?!いくつかのクリエイティブから紹介していく。

real.jpg



まさにリアル!チーズケーキ食べ比べ用スプーン&フォークをパッケージ化。

integralplus.jpg

食の専門学校バンタンルソンドシュルプリーズ修了生が活動している「ひとくち食べると幸せになるフード」をテーマに持つフードコー ディネータユニット"happy spoon"。サロン・ド・シリーズ第四弾として開催されたチーズケーキを食べ比べるテイスティングパーティー「サロン・ド・チーズ ケーキ」。チーズケーキと一言で言っても、タイプはさまざまで、好みもイロイロだ。このイベントのために作成したテイスティングノート、 スプーン&フォークのカトラリー、ナフキンの3点セット。パーティー参加者が、首からぶら下げて会場内を歩きまわれるように1つのパッケー ジにして配った。そしてイベントでは、朝・昼・おやつ・夜と、1日の流れに合わせたシーン別にピッタリのチーズケーキの楽しみ方を紹介。テイス ティングノートは、参加者が食べながら感想を書き込めるように、手のひらサイズに収めた。「時計を模したチーズケーキのアイコンをポイント に、持ち帰っても飾ってもらえるようなかわいらしいデザインを意識して作りました。」と語るのは、インテグラルプラスの高田氏。本物のスプーン&フォークを1つのパッケージに収めたことで、リアルに試食するシーンが想起された。

■有限会社インテグラルプラス



それぞれの農家の想いをリアルなクリエイティブで表現!

qutitote.jpg

東京・下北沢のお寺で毎月行われている「ママンカ市場」から生まれたプロダクトとは?ママンカ市場とは、月に一度、関東近隣の農家が野菜や 加工品を販売する今年で6年目の地域に根付いた産直市場。市場でつながった農家のキャラクターや畑の空気、何より素材の旨さをググッと詰める! をコンセプトに商品開発からブランディング・販促ツールの制作を数多くおこなっているのがクチトテ。各農家、各食材・商品によって特徴を捉えた リアル感があり斬新なクリエイティブを打ち出している。苺のプレミアムアイスクリーム「紅羽(くれは)」は、水戸の苺農園「土の香(とのか)」の苺 を33%使用した豪華なアイスクリーム。苺をしっかり主張した真っ赤でシンプルなパッケージは、店頭でもよく目立つ。「ピクニックりんご ジュース」は、青森弘前のりんごを100%しぼったジュース。濃厚な上に、外に出てみんなで笑いながら飲みたいジュースがコンセプト。 清涼感あふれるラベルとなった。いちご酢の「すずこ」。こちらも「土の香」の苺をたっぷり使用。三重県の蔵で丹念に作られたお酢は、上品に飲み たい、という理由から、クスッと笑えるおちょぼ口のイラストラベル。ドライ苺の「星おとめ」は、こんなおいしい苺を作っているのは、茨城県のスター (星)農家だね!という願いをこめたデザインとなっている。それぞれの作り手の想いが、臨場感ある形でデザインへ生かされている。

株式会社クチトテ
http://www.nexgate.jp/company/qutitote/



「サンドイッチとかけて、しおりと解く。」

goes.jpg

食品を撮影するときのキーワードにシズル感という言葉がある。「食欲を刺激する」「活き活きとしたおいしそうな感じ」という意味だ。食 べ物は直接感情に訴えることができる。それは、生物の三大欲(睡眠欲、性欲、食欲)の一つだからだ。そんなシズル感をリアルに再現させたの がゴーズ。空想商品アイデアというコンセプトで、世に存在しないけれどあると面白いという空想アイデアをクリエイティブに落としこん でいる会社である。このサンドイッチしおりは、レタスやトマトなどのリアルな写真を使ってそのシズルを感じさせる。またそれ以外にもサンドイッチの挟むという行為と、しおりを挟むという行為が同じであることが、よりリアルさを演出し、おもしろく感じる所だ。い わゆる「サンドイッチとかけて、しおりと解く。」のなぞかけ。シズル感という言葉は、今では食品だけでなく様々なものに使われ始めている。 「シズル感のあるクルマ」「このイラストには独特のシズル感がある」など。食欲だけでなく人の感情に訴えかける物に使われているようだ。 「シズル感はリアルでないと成立しないと思います。人が何気なく感じている事を拾いあげるリアルさが必要なのです。」と語るゴーズの前 田氏。その他にも、なるほどなデザインがサイトでも紹介されている。今後も感情に訴えるシズル感があるデザインを期待したい。

有限会社ゴーズ
http://www.nexgate.jp/company/goes/



中身がわかりにくい商品こそ、クリエイティブでリアルを伝える!

anti.jpg

美意識の高い女性の間で酵素ドリンクが 注目されている。その理由として、酵素はダイエット効果、美肌効果、栄養素の吸収率アップ、便秘解消など挙げればきりがないほどの効果を 持っているからだ。多くの効果が期待出来る分、酵素ドリンクはとても高価なものが多い。しかし、高価なわりに、商品パッケージの見た目は地味 なものが多く、効果の期待値と価格感にギャップが出てくることが多い。そこで、その酵素の効能がリアルに伝わるようなポスター制作に挑戦 したのが、アンチだ。まず、原材料から酵素が出来るまでの手順を把握。リアルに発酵する様子をクリエイティブに落とし込んだ。それは、何十 種類もある野菜や果物が発酵して良質なドリンクに生まれ変わる様子の表現だ。酵素は生きているということもあり、生命力を感じられるビジュアルに拘って、CGではなく実写(アナログ)での一発撮影でリアルが再現されている。尚、今回の酵素ドリンク「ファストザイム」には、70種類以上の厳選された原材料が使用されていると同時に3年半、熟成発酵を繰り返して出来上った商品だ。

有限会社アンチ

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す