BTL TOKYO 2017年03月号

2017年3月号 VOL.21
野村萬斎から学ぶイノベーション力

650年以上の歴史を持つ日本の伝統芸能「狂言」。3歳で初舞台を踏み、 17歳で五穀豊穣を祈る舞「三番叟(さんばそう)」を披(ひら)いた 野村萬斎の活動は狂言の世界に留まらない。2017年、開場より 20周年 を迎えた世田谷パブリックシアターの芸術監督として自らのアイ デンティティを活かし「伝統演劇と現代演劇の融合」など芸術監督の方 針をもとに、様々な作品を演出。「古典的なものをアヴァンギャルドに使 う手法は、私の真骨頂」と語る。デジタル技術の進化が著しく手軽に 情報収集が出来る現代、「人はなぜ劇場に足を運ぶのか」という素朴 な問いに「様々な価値観を観客と作り手が共有し、生きていることを実 感する場が劇場である」と解く。日本の伝統文化を新たにイノベートし、 その幅を拡げる萬斎から「本物のイノベーション力」とは何かを学ぶ。

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年09月号
  • 2017年08月号
  • 2017年07月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読