BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#購買率

#コンパイル

#コンペ

#情報誌

#CI

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

「自動走行システム」をロジックで理解してみる

  • 2016/07/08
  • Editor’S
  • システムエンジニアリング

自動走行システムのイメージ

テクノロジーが発達した現在の世の中では、あらゆるものがプログラミングによって動かされています。

日常的に使うモバイルアプリやウェブアプリはもちろんのこと、現在「2020年までに世界で最も安全な道路交通社会を実現する」という計画を内閣府が打ち出したことで注目されている「自動走行システム」にもプログラミングが使われています。「自動走行システム」などと聞くと、とても高度で難解なイメージを抱いてしまいますが、一つひとつのロジック(理屈、論理)の理解は難しくありません。

まずはプログラム上で「車」、「道路」、「障害物」といった概念を用意し、「走る」「止まる」「曲がる」などの機能を付け足します。そこに更に「もし、車が走っていて、前方に障害物があったら止まる」などといった条件を加えていくことで、システムが構築されていきます。これはかなり大雑把な例ですが、難しく見えるプログラムも紐解いていけばシンプルなロジックで形成されています。

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す