BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#アサイン

#コモディティ

#パーソナルブランディング

#ハインリッヒの法則

#コトラー

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

IoT時代の病院像「Brilliant Hospital」とは?

  • 2016/10/04
  • Editor’S
  • 発明


2025年は、日本で団塊世代が75歳以上の後期高齢者となる年です。4人に1人が75歳以上という超高齢社会が到来し、国民医療費も40兆円を超える日本は前例のない数多くの問題を乗り越えていかなければなりません。

特に医療現場では、医療機器の稼働率改善や検査需要の増加、高齢患者ケアへの医療スタッフの負担増加などといった課題に対して具体的で且つ持続的な解決策が求められています。これらの課題解決としてGEヘルスケア・ジャパンが提案するのが未来型の「Brilliant Hospital(ブリリアント ホスピタル)」構想です。

これはインダストリアル・インターネットを医療現場において活用し、医療従事者や経営者に対して新たな知見を提供するGEヘルスケア・ジャパンの新しいサービス体系です。従来の病院向けサービスモデルの「製品が壊れたら直す」という受動型から、院内において様々な課題が生じる前に「何が起こるのか?」をビッグデータ分析で予測的に導く未来型の病院が「Brilliant Hospital」です。

院内のヒト・モノの情報を繋ぎ、データを病院の資産にすることで、病院経営の最適化が可能になるのです。

三重県の伊勢赤十字病院では、放射線科の血管X線撮影装置3台で「Brilliant Hospital構想」のパイロットプロジェクトを既に実施しています。装置の故障を予知する解析能力を活かしてメンテナンスを行うかたちにおいては、緊急修理時間ゼロ、装置の修理時間も約40%減少という十分な成果が報告されました。


業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す