#メイカーズ | 2017/01/17 | 有坂 庄一(ありさか しょういち) | 1view

電源不要のアンティーク調スマートフォン用スピーカー

TechShop Tokyoでは、一般の方向けに定期的にワークショップを開催しています。毎回、定員数がいっぱいになるのですが、一人1台ずつ「スマートフォン用スピーカー」を製作できるところに人気の秘訣があるのかもしれません。また、ちょっとしたアイデアが生かされた仕上がりで参加者の満足度も高いようです。今回は、当施設と法人契約している企業のメンバーである石崎さんにワークショップ用に開発していただいた製品の製作ストーリーを紹介します。

MDF(集成材)に木目柄のニスを塗って仕上がったスピーカー
上部の穴にスマートフォンを差し込んで使用


◆スマートフォン用スピーカー製作
石崎さん「この製品は、MDFという木の粉を固めて板にした素材を使っています。何の施しもしないままだと、素朴な感じの仕上がりになりますが、ニスを使い木目柄に塗ることで、より高級な製品に見えるように仕上げるのがポイントです。実は、ニスも様々なメーカーのものがある中、自分でも色々と試した結果、100円均一のものが一番仕上がりが良かったのです。スピーカーとしての企画・設計で約2週間、製作時間は約3時間でした。苦労したことは、自分で試行錯誤した木目塗りの技法を、ワークショップでは誰でも出来るようにメソッド化するところです。また、参加される方がお持ちのスマートフォンは、メーカーや機種によってサイズが異なるため、デザインデータを参加者の方のスマートフォンに合わせて修正、切り出しという作業をワークショップ開催前に行っています」


木目柄にするためのニス


◆レーザーカッターと日本のメイカーズの今後の可能性について
石崎さん「グラフィックデザインが紙やWEBだけではなく、モノとして出力出来ること。今までのモノづくりの場面ではカッターナイフでプラ板を切り出していたのですが、それとは比べ物にならない精度で板材のカット加工が出来るところに以前より大きな可能性を感じています。そしてアマチュアでも工業製品レベルのものが簡単に作れる世界になってきたことで、「文系×理系」「デザイナー×エンジニア」「プランナー×職人」「アマチュア×企業」といった異なるバックボーンを持った人達の交流・コラボレーションが活性化されることになります。様々な新しいアイデアが形になることで、よりワクワクできる日本になると思っています」

有坂 庄一(ありさか しょういち)

有坂 庄一(ありさか しょういち)

テックショップジャパン株式会社/代表取締役社長
1998 年富士通株式会社に入社、米国、欧州、アジア各国における ICT システムのマーケティングを担当。2015 年 10 月テックショップジャ パン株式会社代表取締役社長に就任。日本におけるメイカームーブメントを拡大させ、多くの人が創造力をカタチにする社会を目指し、 2016 年 4 月に東京港区で『TechShop Tokyo』をオープン。「全てのアイディアは良いアイディアで、試す価値がある」。
http://www.techshop.jp

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集
  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年08月号
  • 2017年07月号
  • 2017年06月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読