BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#パペットワープ

#ソフトウェア開発

#レポート

#タイ語

#オファー

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

#03_2D写真で3Dモデリング 現場が知っておくべき表現力

  • 2016/03/25
  • 96view
家入 レオ

家入 レオ

2D写真から3D化することで実現出来ること

容姿も動きも全く違う「人」をCGの世界でリアルに表現することが最も難しいのは、先にも述べたように、人には「圧倒的な情報量」があるからだ。情報量が多いということは、モデリングの技術力が問われ、それを実現するための時間とコストがかかってくる。

そこで、注目されているのが、「フォトグラメトリー」だ。フォトグラメトリーとは、三次元物体を複数のアングルで撮影した2D写真を解析・合成し3D化することを言う。この技術を採用することで、表情のあるリアルな人を低コストで再現することが可能となる。今後CG業界全体が変化する大きな流れとなるのではないか。






「人」の3D化における難しさを解く鍵は、人体解剖学が教えてくれる

圧倒的な情報量でできている人体を、解剖学の観点で理解することは、3Dの分野にいる人にとっては基礎的なことである。なぜなら、想像と感覚だけで描けるものではなく、人体は複雑であり精密な形でできているからだ。そこで、知っておくべき基本要素として左の3つのポイントを整理する。

 ① 骨組みの理解:骨を基本とする線の流れの自然さを把握する。それによって、体重のかけ方による人体のバランスを判断出来る。

 ② 筋肉の理解:骨を取り巻く筋肉のボリュームによる人体曲線を把握する。人間らしさの表現が決まってくる。

 ③ ポーズ:身体の軸や、曲線の流れなどを把握する。人体に滑らかな動きをつけることが出来る。
 
人体の軸となる骨組みと、筋肉の流れ、そして重要な性別の違いによる骨格の違いを把握する必要がある。人体は100%の曲線で構成されているため、基本的に直線しか存在しない3Dデータ(ポリゴンデータ)は、無数の短い直線で繋ぎ合わせて曲面として表示させることで表現できる。

人体と3Dの仕組みを理解することで、3Dの基本であるモデリングのベーススキルを向上させることができるだろう。

(参考文献:CGクリエイターのための人体模型コンテンツ開発)


■ 家入レオの誌面はこちらから (無料定期購読) →http://www.nexgate.jp/order_inquiry

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す