2016/05/27 | 突風で全ての人を巻き込む。 | 43view

LV.1 Core_指針となる軸

この地球上に生きる全ての生物に平等なことは、「時間」。それは、1日が24時間であるということ。
その時間をどう使うかはそれぞれ次第であり、学生でも社会人でも主婦、そうでない場合も、平等に与えられた時間に対して、「人」としてどう向き合うべきか。BTL TOKYOでは、よりクリエーション(創造)する時間を自ら創り出すことで自己実現に繋げ、その先にある社会的意義のある「共創性」を生み出すことが価値のあることではないかと考える。
そして、クリエーションする上で最も大切となる「Core(核、軸)」は何なのか。今回、西川貴教から出てきたその答えは意外にもとてもシンプルなものではあったが、そこに気づけるマーケティング的感性は、全ての人が学ぶべき事柄である。







クリエーションに正解はない、バロメーターは「クスクスが続く感じ」

西川貴教のクリエーションにおける軸とはなにか、そしてそれをどのようにコミュニケーションさせるのか。

「音楽にとどまらず、クリエーションに正解があるわけではないからこそ、自分の中で基準をもうけてモノ・コトを創っています。真面目に創ったからといって必ずしも成功するわけではなく、思う以上に遠くへ拡がらないものです。そんな中でも自分としてのバロメーターを考えると、何となくクスッと笑えたり、関わってくれている仲間やスタッフが面白いと思ってくれることを大事にしています。クスクスが続く感じですね」

それはまさに、2016年5月11日(水)リリースのベスト・アルバム「2020 - T.M.Revolution ALL TIME BEST - 」のジャケット写真こそ、クスクスしてしまう感じだろうか。顔が分からないのに、多くの人が見て誰なのか分かってしまうのは、クリエーションとして1つの正解を出しているようにも思う。更に、世間イメージである「風」を意識した「静止画でも風をイメージ出来るクリエイティブ」は、何か吹っ切れた潔さもあり、思いっきり振り切る大切さを教えてくれているように思う。


自分にとって特別な人にどう思ってもらえるか

ビジネスシーンにおいて「プレゼンテーション」を1つ例に取ると、少人数であっても大人数であっても、その中で、「この人に伝えよう」とターゲットを定めてプレゼンテーションを行うと上手く行くケースが多い。ターゲットを定めず、そこに集まる全ての人の共感をいきなり得ようとすると、コンセプトがブレやすくストーリーも散漫になり易い。

西川貴教もまた、何かを伝えるということに対してシンプルな軸がある。「誰かにとって特別な人ではなく、自分にとって特別な人にどう思ってもらえるか。波紋と同じで、遠くに行けば行くほど薄まるので、一番はじめの波を感じた人が、楽しいと思ってくれないと遠くの人まではバトンしていかないと思っています」

マーケティングとして置き換えると、「広告は狭告(きょうこく)」と言われるようにターゲットを絞り込むことで、明確なコンセプトが有効的に伝わり易くなる。そして西川貴教の場合は、その伝える手法が「音楽」という分野であるに過ぎない。とてもシンプルなことであるが、マーケティングに関わっていると目の前のことに追われがちになり、出来てない場合が多い。

そして西川貴教は歌詞づくりにおいても、こう語っている。「沢山の人が聞くということを念頭にはおかず、自分のパーソナリティな部分に向けて創ります。それを遠くへ投げようとすることはおこがましいと思っています」




T.M.Revolutionデビュー20周年記念 全シングル完全網羅!!
「2020 – T.M.Revolution ALL TIME BEST -」2016/05/11 release

風に吹かれ続けて20年…
ほぼオリジナルアレンジを中心に、大ヒット曲満載のモンスターアルバムが遂にリリース!
西川貴教の革命はまだまだ終わらない…


■ 無料定期購読はこちらから→http://businesstimeline.jp/order_inquiry.html


[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

西川 貴教

西川 貴教

株式會社 突風/代表取締役社長。1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。
1996年5月、西川貴教のソロプロジェクト「T.M.Revolution」としてシングル『独裁−monopolize−』でデビュー。キャッチーな楽曲、観る者を魅了する完成されたステージ、圧倒的なライブパフォーマンスに定評があり、『HIGH PRESSURE』『HOT LIMIT』『WHITE BREATH』『INVOKE』など大ヒット曲を連発する。故郷滋賀県から初代「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、県初の大型野外ロックフェス「イナズマロック フェス」を主催、地方自治体の協力のもと、毎年滋賀県にて開催している。
http://www.toppu.jp

プレミアム会員募集 プレミアム会員募集

INTERVIEW

コミュニティ企画

  • 新着記事
  • ランキング

BTL TOKYO

TAG

TWITTER

FACEBOOK

RECRUIT

求人
  • 2017年09月号
  • 2017年08月号
  • 2017年07月号

毎月15日発行 クリエイティブ経済誌「BTL TOKYO」は
企画・マーケティング・クリエイティブ職に就く
ビジネスパーソン向け無料の月刊誌です

無料定期購読