BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#広告費

#発注

#ミュージックビデオ

#パペットワープ

#キャズム

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

#CASE03_フリーライドから ブランドを守る競争戦略

  • 2016/08/30
  • 59view
福王寺 朱美

福王寺 朱美

神南本店がオープンし一般コンシューマーの中でブレイクポイントを迎えた時、資金力のあるジュエリーメーカーも動き出す。新しいプロダクト発表と同時に、他社ジュエリーメーカーが同じ名前、同じコンセプトで価格だけAHKAHよりもおさえて発売。資金力の差でPRされるボリュームが多い分、ブランドのオリジナル性が損なわれ、他社ブランドの真似をしたのでは?という声まで出た。果たして、その危機をどう乗り越えたのか?


ジュエリー制作風景


「商品カタログを作らない」という選択肢

朱美「今まで広告をやったことがなく、商品カタログすら作らない、ホームページやECサイトも10年前は持っていませんでした。神南本店をオープンした頃から、すぐにコピーされてしまうことをすごく悩んで、とても閉鎖的になっていたと思います。それまでジュエリー業界に無かった世界観までを表現する展示会という文化を創ったのも私達でしたが、出来るだけ情報が発信されないように展示会での撮影も禁止にしていましたね」

「いかにして発信するか?」というのに躍起になる企業が多い中、ブランド設立当初は発信するための戦略を考えていたにも関わらず、今度はコピーを防ぐためにどう発信しないようにするかを考えることはとても皮肉なことでもある。しかしコピーされるのはAHKAHがとても魅力的で多くの女性達が「幸せな自分」を想像出来るから。

朱美「ある時思いました。コピーされることは良いものだと認められているからだと。見た目で見分けがつかないコピー品が出てきたとしても、ジュエリーに詰まった想いまでは真似できないと思うようになりました」


自分たちは差別化しかない

10年前までは市場に無かった「華奢なジュエリー」、そしてそれが18金やダイヤモンドで造られているということ。20代の若い女性がゴールドの重ね着け等、考えられなかった世界から、新しいモノを創り出して今やスタンダードになった。

朱美「AHKAHを設立する際、決して資金力があるわけではなく自分の手持ち金数百万円で始めました。商品をつくることにおいて差別化しか自分たちにはないという思いで始め、それを続けてきて今に至っています。今では、大ぶりのジュエリーが売れなくなったのはAHKAHのせいだと言われるまでになりました。そう言われるということは、一つの市場を創ることができたのかなと誇りに思っています」


クリエイションは、歴史の学びや自然からのインスパイヤの上で成り立つことである

最後に朱美がモノづくりにおいて大切にしている事について聞いた。

朱美「私は、想像力・創造力・そして3つの“思い”・“想い”・“念い”を大切にしています。そして、クリエイションの軸として、“温故知新”古き(自然、宇宙、歴史)を温ねて新しきを知る、を掲げています。また、オリジナリティを大事に新しいモノを産み出し続けることは使命だと思っています」


■ 無料定期購読はこちらから→http://businesstimeline.jp/order_inquiry.html

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す