BTL

はじめての方へ

発注・外注先を探す

無料!入力2分一括見積依頼
お急ぎの方

記事を読む

記事検索

#Impossible is Nothing

#人工知能

#ネットワーク

#自治会

#ブログ

クリエイター検索

ビジネスツール

BTL TOKYO

運営会社

ホームに戻る
発注・外注先を探す

#01_ヒットをつくる〜人の判断や想いを背負って表現すること〜

  • 2017/01/16
  • 380view
miwa

miwa

2010年3月にシンガーソングライターとしてメジャー    デビューしたmiwaが主演をつとめる映画「君と100回目の恋」は、10〜20代向けに考えられた「音楽×恋愛」の作品である。しかし作品に込められた想いは深いテーマの残るものとなり、あらゆる年代の心をゆさぶる仕上がりとなっている。オリジナル脚本、監督、主役、配役、そしてmiwaのアーティストの力を合わせてヒットへ導くための映画プロデュースのあり方を紐解く。


ヘアメイク:佐々木篤(GLUECHU)/スタイリスト:小川恭平


「完全オリジナル脚本へ」制作陣たちの挑戦

人気漫画や小説の映画化が溢れる日本の映画業界において、「君と100回目の恋」は完全オリジナル脚本作品。脚本は、ドラマ「1リットルの涙」(フジテレビ系/2005年)で日本中を泣かせた大島里美が書き上げた。  メガホンを取ったのは、映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」(2016年)で、ティーンの心を鷲掴みにした若き新鋭・月川翔監督。約1ヶ月に渡る岡山県でのロケを経て、愛する相手の幸せだけを思い続ける究極の恋愛映画が完成。当映画のプロデューサーである井手氏に「君と100回目の恋」のコンセプトを聞いた。
井手氏「最初に“音楽映画”というのがコンセプトにありまして、音楽映画と恋愛映画を掛け合わせたストーリーでつくりあげようというのを月川監督と脚本家の大島さんと3人で話し合いました。色々なパターンを考えていく中でタイムリープ(※1)が入るとエンターテインメントとしても面白くなりやすいんじゃないかなというアイデアを出し、今の形になりました」

また、ロケ場所となった岡山県牛窓は日本のエーゲ海と言われるほど、夕日と海の風景が美しい場所でもある。
井手氏「今回の作品の舞台となる場所は、いくつか候補があってロケハンに行ったんです。最後の最後に、候補で残っていた岡山県の牛窓へ行って、『ここしかない』と皆一致しました。この場所を選んだからこそ、ここでしか表現出来ないシーンもたくさん撮れたと思います」

(※1)タイムリープとは、時間を移動すること。過去の自分自身に戻ることを意味し、時間の違う自分が二人存在することはない。





■ 無料定期購読はこちらから →http://businesstimeline.jp/order_inquiry.html

業種から発注・外注先を探す

旬な話題で気軽にディスカッション

注目のコミュニティルーム

コミュニティルーム

テーマごとに設けられたルーム内でユーザー同士が気軽にコミュニケーションできるチャットルームです。ビジネスにおけるお悩み相談や、いま話題のテーマについて自由におしゃべりしませんか?意気投合できる仲間を探してビジネスに繋げましょう。

人気のチャットルーム

クリエイターを探す